年越しそば、正しいタイミングはいつ?縁起よく新年を迎えるために【年末年始、これだけは知っておきたい】

#くらし 
 除夜の鐘と年賀状のしきたり

一年の最後の日である大晦日。
縁起よく新年を迎えるための大晦日の過ごし方を、「現代礼法研究所」主宰の岩下宣子先生に教えてもらいました。

年越しそばを食べるのは年を越す前? 越した後?

 年越しそば

「年越しそば」は江戸時代の町人の間で始まった風習で、新しい年の健康や幸せを願いながら大晦日に食べるのが一般的です。

「年越しそばを食べるタイミングは特に決まっていませんが、年を越す前に食べると縁起がいいとされています。大晦日の夕食として食べたり、おせち料理をつまんだ後に少しいただくのがよいでしょう」(岩下先生)

由来は諸説ありますが、次の3つの説が有力とされています。

・そばは細く長いので「健康長寿」「家運長命」を願うという説
・そばは切れやすいので「一年の災厄を断ち切る」という説
・金箔職人がそば粉を丸めて散らばった金粉を集めたことから「金運を呼ぶ」という説


そばではなくうどんを食べる地域もありますが、縁起を担ぐことに変わりはありません。
具も特に決まりはありませんが、「腰が曲がるまで長生きできますように」という長寿の願いを込めて、海老の天ぷらをのせるのが定番になっています。
おせち料理に欠かせない紅白かまぼこも、白は清浄、赤は魔除けの意味があり、年越しそばに使われることが多い具材です。

なぜ鐘をつくの? 知っておきたい除夜の鐘の豆知識

 除夜の鐘

大晦日は、古い年を除き去り、新しい年を迎える日という意味から「除日(じょじつ)」と呼ばれ、「除夜」は大晦日の夜を指します。
「除夜の鐘」は、仏教でいう108つの煩悩を鐘の音とともにひとつずつ取り除き、清らかな心で新年を迎えるための行事です。
大晦日の夜から年始の深夜にかけて、日にちをまたいで行われることにも意味があります。

「大晦日のうちに107回の鐘をつき、最後の1回は“煩悩に惑わされないように”という願いを込めて、年が明けてからつくのが正式です」(岩下先生)

梵鐘の音を聴くと、「一切の苦から逃れ、悟りに至る功徳がある」と言われています。
心静かに除夜の鐘を聴いて、家族で新年の挨拶を交わしましょう。


初日の出を正しく拝んで幸先よく新年を迎えよう

 初日の出

毎年元日の早朝には、宮中で「四方拝」という儀式が行われ、天皇が四方を拝し、国家安泰と五穀豊穰を祈ります。
それが一般にも広がり、明治以降から初日の出を拝むことが盛んになりました。

「太陽を拝む時は、神社と同じように2礼2拍手1礼をします。その際、息を吸いながら深くお辞儀をして、止まったところで息を吐き、再び息を吸いながら元の姿勢に戻ります。これを礼三息(れいみいき)といい、どんな相手に対しても折り目正しく、また自分の心を安定させる効用もあります」(岩下先生)

初日の出を拝む際は、新年の幸せと健康を祈願するとともに、年神様への感謝も忘れずに。
元日は早起きして初日の出を拝んで、すがすがしい気持ちで新年をスタートさせましょう。


 岩下宣子先生

教えてくれたのは
岩下宣子先生
「現代礼法研究所」主宰。NPOマナー教育サポート協会理事・相談役。30歳からマナーの勉強を始め、全日本作法会の故・内田宗輝氏、小笠原流・故小笠原清信氏のもとでマナーや作法を学ぶ。現在はマナーデザイナーとして、企業、学校、公共団体などで指導や研修、講演会を行う。『日本人なら知っておきたいしきたり大全』(講談社)、『40歳までに知らないと恥をかく できる大人のマナー260』(中経の文庫)など著書多数。

取材・文=田辺千菊(Choki!)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //