「ああいやだ!」生理になった私を汚いものを見るように見下した祖母/母親に捨てられて残された子どもの話(7)

#趣味 
あんた生理になったの!?

『母親に捨てられて残された子どもの話』7話【全15話】


母親がいない主人公・ゆきは、仕事ばかりで娘に無関心な父親と、冷徹な祖母との三人暮らし。目を合わせてくれない父親、手をつないでくれない祖母。家の中にぬくもりなどありません。「どうして私にはお母さんがいないの?」「私がいなくなったって誰も悲しまない」満たされない心の叫びと孤独を抱えたまま成長したゆきは、いつしか母親に想いを馳せるように。そんなある日、祖母から母に関する衝撃の事実を知らされて…?

親の愛情を知らずに育った子どもの葛藤と成長を描いたコミックエッセイ『母親に捨てられて残された子どもの話』をお送りします。
生理について相談する相手がいないまま中学三年生となっていたゆき。腹痛を感じたある日、ついに初潮を迎えます。家でどうやって報告すればいいのか。ゆきが固い表情のまま学校から帰宅すると…。

※本作品は菊屋きく子著の書籍『母親に捨てられて残された子どもの話』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)