実務とは関係ないことで悩まされてばかりの日々。とうとう心と体に異変が…/女社会の歩き方(11)

#趣味 
あれ…?

『女社会の歩き方』11話【全21話】


女同士って面倒くさい!って感じたことはありませんか? ねちねちマウンティングに、陰口や告げ口…。こんな人間関係の中にいたら、メンタル不調になっても不思議ではないですよね。

著者「ぼのこ」さんが勤める子ども服ブランドの店は、まさに女だらけの職場。しかも公然と悪口や嫌味を言うだけでなく、全てにおいて先輩を立てる・優先するという謎ルールまであり、現場運営は超非効率な状態に…。仕事は大好きなのに、面倒な人間関係に毎日悩まされていました。

トライアンドエラーを繰り返しながら、女同士の「めんどうくささ」をくぐり抜けていく道のりを綴ったコミックエッセイ『女社会の歩き方』。SNSやブログで10万人が共感したエピソードの数々に、悩める人もきっと前を向くパワーをもらえるはずです。

花形店舗へ異動になったぼのこは、その店の異常に厳しい上下関係や、過剰なまでの「先輩絶対主義」にうんざりしながらも、自分を信じて仕事に取り組んでいました。ある日、後輩など数人でカフェに行ったのをきっかけにみんなとの距離が近くなったことを感じ、気を許して仕事の愚痴を話すようになりましたが、その話が後輩から先輩に全部筒抜けだったことに気づいてしまいました。疑心暗鬼になったぼのこは、その後どうしたのでしょうか…。

※本作品は著の書籍『女社会の歩き方』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)