実際使ってみてどうなの?「電気調理鍋」愛用者yumikoさんのインスタントポットルーティーン

#くらし 
インスタントポット

家事がラクになるとウワサの電気圧力&調理鍋。でもホントのところは…⁉ 愛用者の、暮らしと気持ちの「ここが変わった!」をお伝えします。

今回は、電気調理鍋を買って暮らしが変わったというyumikoさんの「インスタントポットルーティーン」をご紹介。

教えてくれたのは▷yumikoさん
35歳、2児の母。保険会社勤務。インスタントポットのレシピを共有する「インスタントポットお料理部」(会員数1.1万人)を、友人とFacebookで運営中。 @yumiko.ip

yumikoさんのインスタントポットルーティーン

6 : 30 起床。朝食、子どもの弁当を作る

7 : 00 子どもを起こし、食事。子どもの身支度後、自分も支度し、掃除、洗濯をする

8: 00 長女が小学校へ登校

8 : 20 次女を幼稚園へ送り、出社

16 : 00 帰宅。子どものお迎えに行く

16 : 15 帰宅。夕食の下準備【ここで仕込み】
   (副菜、汁物は週末に作り置きをしているので主菜のみ)

17 : 00 子どもを習い事へ送る

17 : 15 帰宅。インスタントポットに下準備した食材をセットしてスイッチオン。持ち帰った仕事を片づける

~ここに時間が生まれた~

18 : 00 子どものお迎えに行く

18 : 15 帰宅。子どもを風呂に入れる

18 : 45 夕食

19 :30 片づけ

21 : 00 子ども就寝。入浴し、自由時間

23 : 00 夫帰宅。夫が自分でインスタントポットで料理を温め直して食事



▷スイッチオンして仕事に集中

「電気調理鍋」愛用者yumikoさんのインスタントポットルーティーン

「仕事を持ち帰る日もあるのですが、鍋を火にかけていたら心配で仕事に集中できません。その点電気圧力鍋は、スイッチを入れたらあとはほったらかしでOK。仕事に集中できるので、効率も上がります」

▷子どもの送迎中に加熱調理

習い事の送迎時間を有効活用できるように

「お出かけ中も料理ができるから、『出かける前に料理を作り終えなきゃ!』という焦りがなくなりました。ご飯は炊飯器で炊きますが、万が一炊き忘れても、電気圧力鍋なら浸水なしで約10分で炊けるので便利」



*  *  *

外出している間に加熱調理が進むので、今まで使えなかった時間が有効活用できますね。電気調理鍋がなければ外出前に焦りながら作っておくか、帰ってきてから慌てて作るかになりますから、気持ちの余裕が違います!

撮影/臼田洋一郎 取材・文/恩田貴子

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ’22年3月号より>



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 3月号』情報はこちらから▼

料理特集は「料理の手間をとことん省く!」。めんつゆを使えば味つけに迷わない、ひき肉で包丁を使わない、レンジで火を使わない…など、とことん手間を省いたレシピをご紹介しています。また、この時期旬の新玉ねぎレシピや、食パンで○○が作れちゃう!?驚きのレシピもご紹介。その他、献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」や、にぎりっ娘。さんの「頑張らないお弁当」特別ダイジェスト版など、読み応えたっぷり!LETTUCE MEETSには小澤征悦さんが登場!オトナのNEWS連載には加藤シゲアキさんが。コミックエッセイも多数!レタスクラブ3月号をぜひお楽しみください。

おすすめ読みもの(PR)