【プロおすすめの計量スプーン4選】お菓子材料の計量に必須!計量スプーンを選ぶときのポイントとは?

#食 

お菓子づくりにはいくつかの道具が必要です。初心者は、何を買っていいのか、どういうものを選べばいいのかがわからなくて、一式揃えるのもひと苦労。そこで、お菓子づくりのプロであり、数々のお菓子レシピ本を発表している森崎繭香先生にご相談!つくる前に揃えておきたい基本的な道具をご紹介します。今回は「計量スプーン」です。

森崎繭香先生

森崎繭香(もりさき・まゆか)
お菓子・料理研究家。シンプルな材料とだれでも失敗なく再現できる、今どきのスイーツが大好評。人とワンコが仲良くいっしょに食べられる、無添加おやつのオンラインショップも運営している。

計量スプーンの特徴と選び方


どんなときに使うの?

「大さじ1杯」「小さじ1杯」などと表記される材料の計量に使います。牛乳、油といった液体から、砂糖、ベーキングパウダーなどの粉類まで、幅広く使用できます。

材質によるメリット・デメリット

計量スプーンには、大きく分けてステンレス製、プラスチック製、木製、陶器製の4種類の素材があります。それぞれの素材の特徴を押さえておきましょう。

ステンレス製

ステンレス

油やしょうゆをはかるなど、料理にも頻繁に使う方に向いています。汚れに強く、油分も落としやすいので、お手入れのしやすさではいちばんです。耐久性も高いので、長く使えます。
ただし、硬いので、はかってそのままボウルなどをかき混ぜると、材質によっては傷をつけることもあるので注意しましょう。

プラスチック製

プラスチック

油の軽量にはほぼ使わないようなら、安価でさびないプラスチック製がいいでしょう。はかったスプーンでそのままボウルをかき混ぜても、キズをつけないので安心です。料理にも使うなら、100℃以上の温度に耐えられる、耐熱性が高いもののほうが安心でしょう。
一方で、油落ちが悪いので、油をはかると洗ってもベタベタが残りがちです。

木製・陶器製

暖かみのあるナチュラルな質感が人気です。キッチン小物にもおしゃれさを求める人にはおすすめでしょう。粉ものや砂糖の計量にはとくに向いています。
木製の場合は水分を吸ってしまうものもあるので、液体の計量には不向きです。使用後は洗って十分に乾燥させてください。

選ぶならどんなものがいいの?

最低でも大さじ、小さじの2本は必要です。お菓子のレシピには、小さじ1/2といった表記もよくあるので、1/2の目盛りがついているもの、底が半球形ではなく平たいもののほうが正確にはかれていいでしょう。
できれば、小さじ1/2、小さじ1/4など、少量がはかれるものがセットになっていると◎。お菓子にはほんの少量しか使わないベーキングパウダーや塩も、計量しやすくなります。

計量スプーンの正しい測り方

はかるときは、スプーンにふわっと山盛りすくって、別のスプーンの柄ですり切りましょう。

計量スプーンのおすすめ商品


貝印SELECT100 計量スプーン

貝印SELECT100 計量スプーン

スプーンが水平に置けるので、テーブルに置いたままはかれる安定の良さがポイントです。大さじ1、小さじ1はもちろん、小さじ1/2、小さじ1/4のスプーンもついているので、お菓子づくりの材料を少量まで正確にはかれます。開口部が狭く、深さのある形状も使いやすい。清潔なステンレス素材で、酸にも強く、丈夫です。スタッキングしてコンパクトに収納できます。



和平フレイズ味道 厚口計量スプーン 3本組

和平フレイズ味道 厚口計量スプーン 3本組

質と使いやすさにこだわった厨房用調理用具「味道(あじどう)」シリーズのひとつ。大さじ1、小さじ1、小さじ1/2の3本セットです。厚口のステンレス製で、持つとズシリと重量感のある業務用計量スプーンなので、安定感があります。計量はもちろん、塩や砂糖の塊を崩すといった使い方もできます。スタッキングできるのでコンパクトに収納できます。



パール金属置いて量れる計量スプーン(ブラック)

パール金属置いて量れる計量スプーン(ブラック)

調理台に置いてもはかれるし、すくってもはかれる計量スプーン。大さじ1、 大さじ1/2、 小さじ1、小さじ1/2、4種の計量がこの1本で完了します。プラスチック製ですが耐熱温度100℃なので、熱湯にも使え、食器洗い乾燥機使用もOKです。



OXO(オクソー)ステンレス マグネットメジャースプーン

OXO(オクソー)ステンレス マグネットメジャースプーン

大さじ1、小さじ1、小さじ1/2、小さじ1/4のセットです。スプーンの持ち手部分に内蔵されたマグネットで、スプーンがバラバラにならず一体収納でき、目的のスプーンを取り出すのも簡単です。フラットなフチの形状ですり切りしやすく、調味料が無駄になりません。濡れた手でも滑りにくいグリップで、清潔に保てるステンレス製です。




計量スプーンは、料理にも大活躍するキッチンの必須アイテムですし、正確な計量はお菓子づくりの大事なポイント。ぜひ自分にとって使い勝手のいいものを選んでください。

取材・文=春日あずさ

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)