手元に残す遺品の基準がわからない! 「もし自分が死んだら?」と考えてみたら(6)

#くらし 
私の場合捨てるのが怖くて

『わたしのウチには、なんにもない。4 はじめての遺品整理。さすがのわたしも辛かった・・・』6回【全6回】


人気ブロガーのゆるりまいさんは、自他共に認める「スーパー捨て魔」。「使わぬものはどんなものでも徹底的に排除せよ!」がモットーですが、遺品整理だけは別だったと話します。

ゆるりさんの祖母は2014年の春に突然他界。アルツハイマーを患っていましたが身体は健康で、まだまだ長生きすると思っていたからこそ、一家の受けたショックはとても大きかったそうです。母と共に祖母の遺品を整理することになりましたが、思い出のつまったものに遭遇し、思いもよらない気持ちに――。

いまは生前整理を始める方も多いと聞きます。遺品整理を進める中で、ゆるりさん親子が直面した問題や気持ちは、いざという時の参考になります。

※本作品はゆるりまい著の書籍『わたしのウチには、なんにもない。4 はじめての遺品整理。さすがのわたしも辛かった・・・』から一部抜粋・編集しました

2014年の春、ゆるりさんの祖母は病気のため突然他界してしまいました。当初はショックが大きかったゆるりさん一家でしたが、夏のある日、遺品の整理を始めることに。生前は何かにつけて「捨てないでよ!」と家族にモノを捨てさせなかった祖母。母はその言葉を思い出し、遺品を処分する手が止まってしまいました…。

この記事に共感したら

Information



▼大人気漫画を無料で試し読み!連載まとめ一覧▼

他の無料試し読み作品

▼「コミックエッセイ」Instagramはじめました!▼
インスタ


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //