「考える家電」を家事えもんさんが解説!洗濯にかける手間を最小限にする「洗濯機」って?

#くらし 
考える洗濯機がへとへとを救う!

「考える家電って、いったい何をしてくれるの?」という方、必読です! 取り入れたら掃除や料理がラクになり時短もかなう家電を、家事えもんさんにたっぷり教わりました。

今回は、洗濯にかける手間を最小限にする「洗濯機」です。

教えてくれたのは▷家事えもん こと 松橋周太呂さん

家事えもんこと松橋周太呂さん

お笑い芸人。掃除や洗濯、料理好きとして「家事えもん」の愛称で親しまれ、テレビや雑誌などで紹介する家事テクニックが人気。家電にも精通。著書『すごい家事 人生の「掃除の時間」をグッと縮める』(ワニブックス)など。

「考える家電=AI・IoT家電といっても、決して使い方が難しいものではありません」と、家事えもんこと松橋周太呂さん。今まで人がやっていた細かいことを、家電が代わりに"考えて"やってくれるものだといいます。

「操作方法は、説明書を読み込まなくても家電が分かりやすく教えてくれるんです。とはいえ高価なものでもあるので、少しでも手間を省きたい家事を助けてくれる家電から取り入れてみるのがおすすめです」

考える家電で例えばこんなことができる!


冷蔵庫にある食材で何が作れるか教えてくれる!

何が作れるか教えてくれる


自分の後ろについて動いて細かいところの掃除をしてくれる!

細かいところの掃除をしてくれる


洗剤の在庫が少なくなると自動で買っておいてくれる!

買っておいてくれる




次ページ:考える家電「洗濯機」は何をしてくれる?(2/2)

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ’22年4月号より>


2022年3/25発売のレタスクラブ4月号は…

この記事でご紹介した「花カレンダー」のほか、
献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」付き!
第一特集は「もう限界な日は卵とご飯で何とかする!」です。
LETTUCE MEETSには小林聡美さんが、オトナのNEWS連載には小山慶一郎さんが登場!


おすすめ読みもの(PR)