【毒家族】生理になった私を汚いものを見るように見下した祖母。無関心な父親と冷徹な祖母に苦しめられて

#趣味 
冷徹な祖母に虐げられて

両親の不仲や離婚、ネグレクト、毒親、過保護や過干渉……。
子どもの視点から見た現代の家族は、それぞれさまざまな問題を抱えています。

今回ご紹介するゆきさんも、幼少期、家族をめぐる問題を抱えていました。
物心ついた時から母親がおらず、仕事ばかりで娘に無関心な父親と、冷徹な祖母との三人暮らし。
目を合わせてくれない父親、手をつないでくれない祖母。家の中にぬくもりなどありません。
「どうして私にはお母さんがいないの?」とは決して口に出せない状況。
「私がいなくなったって誰も悲しまない」
満たされない心の叫びと孤独を抱えたまま成長したゆきさんは、いつしか母親に想いを馳せるように……。親の愛情を知らずに育っていくゆきさんの視点から、家族のあり方を問うエピソードを見ていきましょう。


この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)