日本人なら知っておきたい!「わび」と「さび」の意味/雑学うんちく図鑑(6)

#趣味 
知ってる?「わび」と「さび」

『雑学うんちく図鑑』6話【全38話】


ウナギにも毒があるって本当?
「おざなり」と「なおざり」の違いは?
お腹がすくと「グ~」となるのはなぜ?

などなど、知っているようで知らなかった意外なことやおもしろトリビアをご紹介!

知っておくとついつい誰かに話したくなる「雑学うんちく」をイラストと共にわかりやすくお届けします。
生活に役立つものから、考えたこともなかったようなあっと驚く知識まで、知っておくと毎日がちょっと豊かに♪ 日々の会話やちょっとした雑談のネタとしてもおすすめです。

※本記事はケン・サイトー著の書籍『雑学うんちく図鑑』から一部抜粋・編集しました。


日本人なら知ってて当然!「わび」と「さび」

「わび」と「さび」はどういう意味なのでしょうか


ハミダシうんちく

もともと「わび」には「思いどおりにならないつらさ」、「さび」には「生命力が衰えていくさま」の意味があり、ともに否定的な感情を表す言葉ですが、逆にそれを評価し、その中によさを見出すという日本人独特の美意識、精神性があるといえます。特にこうした概念・思想の象徴としては「茶道」や「俳諧」があり、千利休や松尾芭蕉がしばしば引き合いに出されます。

出典=ケン・サイトー/『雑学うんちく図鑑』

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)