【Instagramフォロワー15.5万】「たたむ」家事をなくす!? 洗濯と服の管理をラクにする仕組みづくりを伝授!

#くらし 
洗濯と服の管理をラクにする仕組みづくり

『自分を休ませる家事 膨大な家しごとからしれっと解放される「最短ルート」の見つけかた』 3回【全8回】


育児や仕事に追われて思うように家事ができないとき、ありますよね。忙しいのでなかなかできないことがわかっていものの、溜まったホコリを見れば憂鬱になってしまう…。そんな人にご紹介したいのが、自身が実践する予防掃除や仕組みづくりをSNSで発信している、時短家事アドバイザーの満月さんのテクニックです。
仕組みづくりのスタートラインに立つための汚れの落とし方も細やかに指南することで反響を呼び、現在満月さんのInstagram(@mangetsu_kun)のフォロワーは15.5万人(2022年6月時点)!

「家事がたまっている状況では『あれやってない、これやってない』とモヤモヤして、心も休まりません」と語る満月さんが、家の新築をきっかけにたどり着いたのが「がんばらずにきれいをキープする仕組み」なのだそう。
満月さんによる、膨大な家しごとからしれっと解放される「最短ルート」のヒントを見ていきましょう!

~~~

洗濯と服の管理をラクにする仕組みづくり

家しごとの中で料理に次いで負担が大きいのが衣類の管理ではないでしょうか。
毎日の洗濯はもちろん、収納、衣替え、買い替え。
ひとつひとつの負担を軽くする仕組みで、家事の大きな部分をラクにしています。

洗濯物をたたまないための仕組み&ルーティン
オールハンガー収納&夜のうち洗濯

オールハンガー収納&夜のうち洗濯

服やパジャマをたたむのが面倒なのでチェストを手放し、「たたむ」家事をなくしました。オールハンガーにして洗濯物を戻すのが断然ラクになり、衣替えの手間も不要に。また、洗濯は夜にして濡れものに菌が繁殖しにくいようにしています。忙しい朝に家事が残らないのも○。

夜の洗濯3プロセス

1 お風呂上がりの拭き上げ後、洗濯機を回す

お風呂上がりの拭き上げ後、洗濯機を回す

洗濯はお風呂の拭き上げが終わったタイミングでまとめてやります。
菌が繁殖しやすい濡れタオルなどはすぐ洗うのが効率的。
洗剤は計量の手間がないジェルボールを愛用。

すぐ洗濯できないときは

雑菌の増えそうなものをオキシ漬けにしておく

雑菌の増えそうなものをオキシ漬けにしておく

すぐ洗濯できないときは拭き上げに使ったタオルやふきんなどを酸素系漂白剤につけ置きしてから洗濯。

ジェルボールは計量の手間がなく便利

洗浄力の高い「アリエール」(P&G)を愛用。
ジェルボールは計量の手間がなく便利です。

2 洗濯物をランドリーバッグに入れる

洗濯物をランドリーバッグに入れる

肩がけのランドリーバッグに洗濯物を入れます。
洗濯物を入れるのも干すのもかがまずできるのがラク。
全部入れたら重くなりますが、底がしっかりしていてマチもあるので、置くことも可能です。
このまま1 階から2 階に運びます。

3 2階のランドリースペースに干す

2階のランドリースペースに干す

服は乾いたらそのままクローゼットへ戻せるように、洗濯用のハンガーは持たずクローゼット用のハンガーにかけます(大人用/MAWA、子ども用/西松屋)。
クローゼット以外に戻す洗濯物はまとめてピンチハンガーに干して。
室内干しで翌日の夕方には乾きます。

洗濯機を2度回す日は……

洗濯量が多い日は、入浴中にも1 度洗濯機を回しておき、入浴後にもう1度。
2回分をまとめて干します。

~~~

続けられないことは「今日もできなかった」と自己肯定感も下げてしまうことも…。
誰でも簡単に始められる予防家事のテクニックを身につけて「自分を休ませる家事」を今日から始めてみませんか?

<時短家事アドバイザー満月さんプロフィール>
時短家事アドバイザー 満月:クリンネスト1級。2017年家を新築するにあたり家事や掃除をラクにする仕組みに改革。「ただただラクに暮らしたい」思いから、ずぼらでもラクにきれいにキープできる「予防掃除」を始める。Instagramでは自身が実践する予防掃除や仕組みづくりを発信するほか、仕組みづくりのスタートラインに立つための汚れの落とし方も細やかに指南し人気に。近著に『自分を休ませる家事 膨大な家しごとからしれっと解放される「最短ルート」の見つけかた』がある

※本記事は時短家事アドバイザー 満月著の書籍『自分を休ませる家事 膨大な家しごとからしれっと解放される「最短ルート」の見つけかた』から一部抜粋・編集しました
作=時短家事アドバイザー 満月

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)