白熊さんの口からこんにちは? 思わずほしくなるキュートなクリップ

#くらし 

キュートだったり、カラフルだったり。最近の文房具たちはデスクの片隅にあるだけで楽しくなるものばかり。中でも立体造形家の森井ユカさんのハートをわしづかみにしたのが、この2つです。

【QUALYの「ベアーテープディスペンサー」】

「甘すぎない表情の白熊は、インテリアとしてもなじみます。ひっくり返しておなかからテープを出して。口はクリップホルダーに。パッケージ含め、100%リサイクル可能」。2,800円/スペースジョイ

【パイロニアの「DARUMA CLIP」】

世界一かたい紙で作られたクリップ。「くぎに掛けてつるしたり、ひもに通してみたり、本のしおりとして使ったりと、アイディアしだいで活躍してくれます」。12枚入り 380円(税込み)/パイロニア

こんなにかわいくて有能だと、デスクまわりだけじゃなく、リビングやキッチンにも欲しくなりそう!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:森井ユカさん
立体造形家、雑貨コレクター。小さいものをめでること、作ることが仕事。近著に『地元スーパーのおいしいもの、旅をしながら見つけてきました。47都道府県!』(ダイヤモンド社)など。

パイロニア/ 06(6553)2828
スペースジョイ/ 03(3722)1144

撮影=安井真喜子 スタイリング=中村弘子 取材・文=入谷奈穂


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //