赤ちゃんにもママにもうれしい機能がいっぱい!おすすめ「新生児用おむつ」4選

#くらし   

まだ育児に慣れない新米パパやママにとって、種類がたくさんある新生児用おむつは選ぶのが難しいですよね。新生児はおしっこの回数が多く、おむつをたくさん使うので、ついつい値段だけで選んでしまいがちです。でも、本当はかぶれにくさやもれにくさなど、機能面もきちんとチェックして購入したいもの。そこで、新生児用おむつの選び方や、人気おむつのおすすめポイントをまとめました!

今なら半額以下の商品が多数出品され、最大42倍のポイントが手に入る超お得なセール、「楽天 お買い物マラソン」中! せっかくならお得に賢く手に入れたいものですね!

新生児用おむつの選び方

おむつのチェックポイントは大きく分けて、次の3つです。

①かぶれにくさ
生まれたばかりの赤ちゃんのお尻はとてもデリケートなので、おしっこや汗などでむれるとおむつかぶれができやすくなります。ですから、おむつは湿気をこもらせない通気性のよいものを選んでください。さらに、お尻をサラサラに保つために速乾性に優れ、摩擦で刺激を与えない肌触りがいいものであればベスト。なお、きつすぎるゴムやギャザーによって、お腹や太ももにかぶれができる場合もあるので注意してください。

②もれにくさ
おしっこやうんちがもれてしまうと、掃除や洗濯の手間が増えてしまいます。このため、おしっこやうんちをせき止める、足回りのギャザーの性能は大事です。ギャザーに高さがあるもの、撥水加工がされているものを選ぶといいでしょう。ゆるいうんちは背中からもれることもあるので、背中もれ防止機能がついているものなら、さらに安心です。

③使いやすさ
新生児の1日のおしっこ回数は15~20回ほど。このため、吸水性の高いおむつのほうが、外出先やお昼寝のときも安心です。テープの着脱のしやすさや伸縮性、粘着力とか、お出かけの際に持ち歩きやすい薄さ・軽さなど、家族にとっての使い勝手のよさも、おむつを選ぶ際の大事なポイントになります。もちろん、コストパフォーマンスも重要ですよね。


新生児用おむつのおすすめ商品4選

※記載されている価格は楽天のショップでの価格です(2022年7月5日現在)

▷厳選されたやわらか素材で徹底して肌にやさしく

パンパースはじめての肌へのいちばん

パンパースはじめての肌へのいちばん

ゆるうんちモレガードでモレをブロック
最高級の素材を使用して、赤ちゃんの敏感な肌への摩擦を低減。香料・パラベン・ラテックスなども無配合です。肌に触れるトップシートには、シアバター入りのローションを配合し、赤ちゃんの肌をおむつかぶれから守っています。10,000個の通気孔で空気を通し続けているのでむれ知らず。ゆるうんちモレガードでモレをもしっかりガードします。1,915円(税込)



▷おしっこをぐんぐん吸収してもふんわり感キープ

メリーズさらさらエアスルー

メリーズさらさらエアスルー

細やかな凹凸で、おしっこ・うんちをキャッチ
肌研究によってさらに赤ちゃんの肌にやさしくなりました。3層エア通気設計で通気性がよく、肌に触れる面には、新立体凹凸ハイブリッド表面材を採用。センターのたっぷり吸収ゾーンには、凸部の空気量が3倍にアップした「ふんわりエアinクッション」を使っています。両サイドは細やかな凹凸で、おしっこやうんちをひろげずキャッチ。2個セットで4,549円(税込)


▷あの贅沢ティッシュと同じ保湿成分配合

グーンプラス敏感肌設計

グーンプラス敏感肌設計

替えどきがわかる、おしっこお知らせラインつき
エリエールの贅沢保湿ティッシュと同じ保湿成分を配合しているので、なめらかな肌触り。肌のこすれ負担をぐっと減らしました。穴あき吸収シートがゆるゆるうんちをすばやく吸い込み、うんちのはりつきも軽減します。おむつの替えどきがわかりやすい、おしっこお知らせラインつき。全6種類ディズニーデザインで、おむつ替えが楽しくなりそう。1,540円 (税込)


▷おしっことゆるうんち、ふたつの吸収ゾーン

ナチュラルムーニー(テープタイプ)

ナチュラルムーニー(テープタイプ)

オーガニックコットン配合でふわふわ極上の触り心地
日本で初めて、肌が触れる表面シートにオーガニックコットンを配合。この表面シートは赤ちゃんの排泄に合わせて前後に分けられ、「おしっこ吸収ゾーン」と「ゆるうんち吸収ゾーン」に加工されています。凸凹構造のゆるうんちゾーンは軟便を広げず引き込み、おしっこゾーンは最大12時間分のおしっこを吸収。おへそにあたらないおへそカットを採用しています。1,650円 (税込)




*  *  *

胴回りががっしりした子や、足が細い子など、赤ちゃんによって体型はさまざまです。おむつトラブルがあった場合は、別なメーカーのおむつも試すなどして、ぜひ赤ちゃんの体型に合ったおむつを選んでください。

取材と文・春日あずさ

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がレタスクラブに還元されることがあります


この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)