大切な赤ちゃんを見守る安心機能が大充実!「ベビーモニター」おすすめ5選

#くらし   

離れた場所から赤ちゃんの様子を知ることができるベビーモニターは、今や育児の必需品。これがあれば、眠っていたり、ひとり遊びをしたりしている赤ちゃんと、離れた場所で家事を進めることもできます。ただ、ベビーモニターは機種によって搭載されている機能がさまざまなので、選び方に迷ってしまうもの。そこで、ベビーモニターの選び方や、人気商品のおすすめポイントをまとめてみました!

今なら半額以下の商品が多数出品され、最大42倍のポイントが手に入る超お得なセール、「お買い物マラソン」中! せっかくならお得に賢く手に入れたいものですね!

ベビーモニターの選び方

ベビーモニターには、音声のみモニタリングできるタイプから、スマホや専用モニターで画像を確認できるタイプ、赤ちゃんの動きを自動で追える機能がついたものまで、さまざまな種類があります。家の間取りや、赤ちゃんの月齢、必要な機能を考え合わせた上で選びましょう。

モニタリングのレベル
赤ちゃんの声だけをモニタリングするタイプは、コンパクトで持ち運びやすく、安価です。ただし、赤ちゃんが声を出さない限り、何をしているかわからないので、短時間だけ離れる場合に使うほうがいいでしょう。
主流はカメラとマイクが一体になった、音声も映像も確認できるタイプ。離れた場所で家事をすることが多いなら、赤ちゃんの様子がよくわかるこちらのほうが安心です。ただし、画質が荒いと表情などがわかりにくく、画角が狭いと赤ちゃんが画面内に収まらないこともあるので、画質や画角は要チェック。

モニターの種類
スマホで映像を確認できるタイプは、庭やベランダで作業するなど、屋外に出る場合にもモニターをポケットに入れて携帯しやすいので人気です。ただし、接続トラブルなどでうまく使用できない可能性もあることを頭にいれておきましょう。
専用モニタータイプは、簡単な操作で接続できるのがポイント。スタンド式なら立てかけて常時モニターを確認することも可能ですし、スマホを使わないので赤ちゃんのお昼寝中にスマホで動画視聴などをすることもできます。

多彩な機能
ベビーモニターに搭載される機能はどんどん増えています。その分高価にはなりますが、家庭の事情に応じて、以下のような機能が搭載されたモデルを選ぶのもいいでしょう。
赤ちゃんにも声がかけられる「相互音声通信機能」・・・一軒家など1階と2階で声が届きにくい場合、家事中にすぐ手が離せない場合でも、泣いている赤ちゃんに声がけができます。
赤ちゃんの動きを追跡する「動体検知機能」・・・赤ちゃんの動きを検知して、モニターに映らない場所に移動したときはアラームで知らせてくれます。さらに、赤ちゃんの動きを自動で追う「自動追跡機能」もあります。
離れた場所でモニターを操作できる「遠隔操作機能」・・・赤ちゃんが撮影範囲外に出ても、手元でカメラを上下左右に動かして、赤ちゃんを探せます。
室温もチェックできる「温度センサー機能」・・・赤ちゃんのいる場所の室温をモニターに表示し、設定した温度より上下した場合にアラームで知らせます。
暗い場所でも様子がわかる「暗視機能」・・・夜間やお昼寝中に部屋を暗くしているときでも、はっきりと映像を映し出すことができます。これがないモデルでは、夜間でも少し部屋を明るくする必要があり、赤ちゃんの眠りが妨げられる可能性も。


ベビーモニターのおすすめ商品5選

※記載されている価格は楽天のショップでの価格です(2022年7月1日現在)

▷グッドデザイン賞&キッズデザイン賞W受賞

トリビュート ワイヤレスベビーカメラBM-LTL2

 トリビュート ベビーカメラBM-LTL2

動きに合わせて自動で角度調節
寝返りやハイハイをしても、赤ちゃんの動きに合わせてカメラが自動的に角度調節をするオートトラッキング機能を搭載。暗い部屋でもカメラの赤外線が光らないので、赤ちゃんは安心して眠れます。ママからの声かけもできる2WAY方式。約7時間使える大容量充電池採用で、電池切れのリスクも軽減します。14,498円 (税込)


▷スマホにアプリを入れて簡単登録

エースセキュリティシステム ベビーモニター ペットモニター

 エースセキュリティシステム ペット&ベビーモニター

高画質で高速通信
スマホで簡単に見守りができるタイプ。一般的なワイヤレスカメラのWi-Fi規格より電波干渉が少なく、安定して高速通信ができる5GHzに対応。しかも高画質500万画素で画質がキレイ。動くものを検知してカメラのレンズが自動追跡するのはもちろん、スマホ画面から遠隔操作でカメラの向きを自在に動かせます。ペット用にも。8,800円 (税込)


▷リーズナブルなのに機能充実

ベビースマイル ベビーモニター

ベビースマイル ベビーモニター

アプリで手軽にスマホ接続
機能充実なのにリーズナブルな、コスパのいいモデルです。専用アプリでかんたんに接続でき、可動範囲は左右355度、上下90度。赤ちゃんの動きや音を検知してスマホに知らせる動体検知機能のほか、双方向での音声のやりとり、4倍ズーム機能、暗い部屋でもよく見える暗視機能も搭載。天井にも取りつけ可能です。3,800円 (税込)


▷人工知能技術を駆使した最高クラスの安心感

Cubo(キューボ) Ai Plus スマートベビーモニター

Cubo Ai Plus スマートベビーモニター

赤ちゃんの顔が覆われる危険も回避
最先端のAI技術とモーションテクノロジーを駆使し、小児科医と共同開発した高級モデルです。世界初の顔認識カバー防止と寝返りアラートで、赤ちゃんの顔がタオルなどで覆われる危険も回避できます。危険エリアへの侵入を感知するアラートも搭載。睡眠分析レポートで赤ちゃんの睡眠状況も把握できるし、自動写真キャプチャー機能で一瞬の表情まで逃さず撮影。41,706円 (税込)


▷ 省エネモードなら12時間連続使用

YISSVIC ベビーモニター

YISSVIC ベビーモニター

カメラ4台まで接続できる
赤ちゃんが泣いたときだけ自動でモニターが起動される、省エネのエコモードにすると、約12時間の連続使用が可能です。夜になると自動的に赤外線ライトがON。設定時間にアラームを鳴らせる機能も便利です。4台までカメラ(別売り)が同時に接続でき、カメラ自動切替表示もできます。カメラの角度は360度調整可能。9,398円 (税込)


*  *  *

ベビーモニターは、あくまで赤ちゃんを見守る補助的なアイテムです。これがあるからと赤ちゃんをひとりで家に置いたりせず、異変があったときにはすぐに対応できる場所で使いましょう。

※価格など表示内容は執筆時点(2022/7/1)のものです。変更の可能性もありますので、サイトをご確認ください

取材と文・春日あずさ

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がレタスクラブに還元されることがあります

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //