こんなことありませんか?夜中に騒音で目が覚めて…切ない事実/少女漫画ぽく愚痴る。(10)

#趣味   
自分のいびきで目が覚めた…

『少女漫画ぽく愚痴る。』10回【全12回】


育児や家事、夫に対するリアルな主婦の声を少女漫画風にしてみたら…!?

SNSやブログでイラストを配信しているたら実(@yamawaraemi)さん。少女漫画風のイラストに添えた、日常の切実な叫びが重なりあって、「わかる」「ギャップに笑ってしまった」と話題を集めています。日々の「あるある」を元に生まれた作品を、たら実さんのコメントを交えてお送りします。
うなずいたりツッコんだり、愚痴も笑い飛ばしちゃいましょう!

※本記事はたら実著の書籍『少女漫画ぽく愚痴る。』から一部抜粋・編集しました。


話、聞いてた!?子どもへのお説教は難しい

叱る時は要点を短く

「叱る時は要点を短く」。子どもはいろんなことを教えてくれるね…。

1枚目は、まさに青春の1ページ!笑顔がまぶしいイラストだが、たら実さんがお子さんを叱る時に苦労したエピソードが元になっているそう。「長々と叱ってもあんまり聞いていないとわかったので、最近はなるべく短文で、要点を定めて叱るようになりました。イラストは、友達と放課後におしゃべりをしている風です」

安眠を妨げる騒音は自分のいびき

ある意味切ないエピソードにイラストがマッチ

ある意味切ないエピソードにイラストがマッチ。

2枚目は、編集部員のエピソードをイラスト化。「友達とお泊まりをしている時、悪夢を見て目が覚めた風です。私もたまに自分の寝言の声で目が覚める時があります」と、たら実さん自身も覚えがあるようです。

ドアもクローゼットも、開きっぱなし!なんでなの…

すべての扉が閉まる日は訪れるのだろうか

すべての扉が閉まる日は訪れるのだろうか。

最後は、多くの家庭から「あるある!」の声が聞こえそうなエピソード。「編集部の方のエピソードです。イラストは、腕を組んで仲良く下校やデートをしている風です。我が家もいろんなものが全部全開の時があるので、わかります…と思いながら描かせていただきました」

著=たら実/『少女漫画ぽく愚痴る。』

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)