家計のために働けばいいのに。言われなきゃわからない妻はいまや「ニコニコしているだけのつまらない女」

#趣味   
ウチのヨメなんか家事と育児 そんだけ

令和2年度の司法統計によると、夫婦関係調停事件(離婚調停)の申し立て理由のうち、男女ともにランキングの1位となったのが「性格の不一致」。価値観や考え方の違いは、結婚当初は目をつぶれる程度だったとしても、生活を共にしていくうちに我慢ができなくなるケースが少なくないのでしょう。

翔子さんは夫の淳一さんと2人の子どもの4人暮らし。一見、平和で穏やかな毎日を過ごしているように見えますが「夫の機嫌を損なわないように」という思いに日々支配されていました。

翔子さんが出産を機に専業主婦になったことで、淳一さんは家事・育児に一切関知せず、妻の意見にも耳を傾けなくなってしまいました。幼い子どもの世話に明け暮れる事情を汲まず、荒れた部屋を見回しては「家事ヘタ」となじる始末。それでも翔子さんは淳一さんに直接不満をぶつけず、やり過ごしています。

そんな翔子さんのことを、淳一さんはどのように感じていたのでしょうか?


この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //