どう考えても合理的なのに!なかなか超えられないスーツにリュックの壁/理系の人々6(5)

#趣味   
憧れではある

『理系の人々6』5話【全8話】


初対面の相手とのコミュニーケーション。第一印象として「この人理系っぽいな〜」と思ったことありませんか?でも「理系っぽさ」って、実際はどういうこと…?と疑問に思う人も少なくないのでは。

WEB系エンジニアとして働いていた漫画家のよしたにさんは、自他共に認める「理系」の人。自分が気になる事にはとことんこだわる、効率を重視するあまり世間話が苦手。そんな愛すべき理系の生態を、自虐を込めつつもユーモラスに解き明かしています。

理屈っぽいけど、それが面白い!熱量高めな理系エピソードをお送りします!

※本記事はよしたに著の書籍『理系の人々6』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //