オーブンの中でだんだんと…動物クッキーたちの意外な運命

#食   

犬や猫、ハリネズミといった形の動物クッキーたち。できあがりを確認するためにオーブンをのぞくと、そこにいたのは…?パティシエ、ケーキデザイナーの長谷川健太@SUCRETIERさん(@kenta_sucretier)がTwitterに投稿した内容が話題になっています。

整列する動物クッキーたち

オーブンの天板の上に、きれいに並べられた動物クッキーたちですが…

尻尾も耳もかわいい!いやされる~

…ん??

温かいオーブンの中でコックリコックリ…

こころなしか、頭が重くなってきたような…?

熟睡中のようです…zzz

頭が天板についてしまいました…!見事に寝てしまっていますね。

ツイート対してコメント欄には「本当だ寝ちゃってる~」「むしろ、これが完成形」といった、寝てしまったことを肯定する声が多数寄せられています。
実際はどうだったのでしょう。長谷川さんにお話を伺いました。

__寝てしまった動物クッキーたちは、本当であれば座っているはずだったということですか?

長谷川さん
「そうなんです、座っているはずでした。生地同士の接着が甘かったのが原因かな…と」

__動物クッキーたちはその後、どうなりましたか?

長谷川さん
「焼きあがった後の写真は撮っていないのですが、見事に寝てましたね。『ごめん寝クッキー』として職場の人たちに配って、食べていただきました。想定外ですが、職場のみんなが笑顔になって嬉しかったです(笑)」

長谷川さんはこうしたクッキーのほかにも、独創性あふれるケーキやスイーツを数多く手がけています。

ポッキーを使ったデザート

ことし11月11日のポッキーの日にTwitterに投稿された写真です。長谷川さんによれば「ポッキーを三ツ星の超高級フレンチレストランで出るようなデザートに仕立てあげてしまおう」というのがテーマだったんだそう。

宝石のようなケーキ

こちらの宝石のようなケーキも長谷川さんの作品。「可愛いを具現化した罪なケーキ」(長谷川さん)の言葉通り、食べるのがもったいないくらい美しくてかわいい!

超特大ショートケーキ

最後に、長谷川さんが「子どものころの夢がかなった」と話すのが巨大なイチゴのケーキ。パーティ用に依頼を受けて作ったもので、直径は約100cmだそうです。圧倒されてしまいそうです。

長谷川さんの作品はすべて、ほれぼれと見入ってしまうものばかり。12月に開催される、様々なジャンルのお菓子アーティスト達の作品を集めた展示会「お菓子×アート展」にも出品予定とのこと。独自の世界観でお菓子の可能性を広げ続ける長谷川さんの、今後の活躍が楽しみですね!

文=山上由利子

この記事に共感したら

山上由利子

山上由利子

4歳娘と1歳息子の体力に負けそうな40代母です。子供たちを寝かしつ… もっと見る

Information

▶忙しい毎日に!
レタスクラブYouTube公式チャンネルでラクレシピ動画をチェック!




■作りおき特集はこちら


明日のごはん作りがちょっとラクになるお役立ちレシピ

■時短レシピ特集はこちら


“プロの時短テクニックが効いたレシピで栄養たっぷりのごはんが手間なく簡単に作れる”





LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)