母が入院して1週間。家族全員で会いにいくも、そこにあったのは病人そのものの姿でした/48歳で認知症になった母(20)

#くらし   
回復どころかすっかり病人のように

『48歳で認知症になった母』 20話【全20話】


小学5年生にして「ヤングケアラー」になった男性の苦悩や葛藤とは?

65歳未満で発症する認知症を「若年性認知症」といい、全国で4万人近くいると言われています。
長野県御代田町のケアマネジャー、美齊津康弘(みさいづやすひろ)さんのお母さんは、48歳で若年性認知症を発症しました。

発症当時、美齊津さんは小学5年生。学校から帰宅すると、母の世話に追われる日々。「僕がやらなきゃ家族が壊れる」と思い必死にこらえるも、自分のことすらわからなくなっている母に怒りと悲しみが湧いてきて…。

大好きだった母が変わっていくことの想像以上の苦悩と葛藤、そして誰にもわかってもらえないという孤独感。人生を変えてしまうほどの壮絶な経験の数々に心が痛みます。

小学5年生から介護が始まった僕のお話

※本記事は美齊津康弘・原案、吉田美紀子・漫画の書籍『48歳で認知症になった母』から一部抜粋・編集しました。


若年性認知症を発症した母。「認知症」の治療のため、母は入院することに…。

面会に行くことになりました

お母さん良くなってるかな

すっかり病人のようになっていました

ちー子みんなのこと分かるか?

次ページ:言葉がでない姉と兄…(2/2)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)