「今日も何も話せなかった」年頃の息子との会話が難しい!/14歳男子の継母になった私(16)

#育児・子育て   
今日も何も話せなかった

『14歳男子の継母になった私』16話【全22話】


結婚を決めた男性には、すでに大きな息子がいました……。

べにゆうさん(当時40歳)は14歳の息子がいる男性と結婚しました。初めての子育てなのに、子どもはいきなり思春期まっさかりの男の子。日常のちょっとしたことにも迷い、悩んで、苦労もひとしおだったそうです。しかし、家族それぞれの個性を大切にし、お互いに理解を深めていった結果、べにゆうさん一家は時間をかけて「一つの家族」になることができたとのこと。

べにゆうさんの実体験を描いた『14歳男子の継母になった私』を通して、改めて「家族のあり方」を考えてみませんか?


14歳の息子がいる夫と結婚しました

高校生になった元気君はアルバイトをはじめました。べにゆうさんは夕食を用意して元気君の帰りを待ちますが…?

バイトの調子を聞いてみたい…

今日も何も話せなかった〜

そんなくだけた言い方はじめてかも

息子の元気君が、なにげなくくだけた言い方をしたことにべにゆうさんは気づきました。うまくコミュニケーションが取れないことに悩んでいたべにゆうさんでしたが、無意識のうちに心の距離が近づいていたことに驚き、気持ちが動くのでした…。

著=べにゆう、汐田まくら/『14歳男子の継母になった私』

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)