「信じらんないわ、この美味さ!」家の焼きそばを極上の味にする技にオードリー若林も驚愕 画像(1/2) ひと手間加えるだけでお店のやきそばの味に

家にある野菜と麺があれば簡単に作れる“焼きそば”。子どもから大人まで幅広い年齢に人気があるので、家の定番メニューという人も多いと思います。ただ「お店で食べる焼きそばとは何かが違う」という声もあるように、本当に美味しく作るのは意外と難しいもの。ちょっとした工夫をすることで、お店の味に近づけるようですよ。


■アレを入れるだけでコクがUP!

7月19日に放送された「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」(テレビ東京系)では“家の焼きそばが激ウマになる新常識”を紹介。焼きそばが美味しいと評判の店で、家でもできるテクニックを調査しました。

まず紹介されたのが、東京・麻布十番にある「浪花屋総本店」というお店。お客さんに話を聞くと、「オーソドックスな味だけど懐かしい」「娘にママのより美味しいって言われた」と大好評でした。中でも味の決め手となるのは調理を始める前に入れる“揚げ玉”。食材を入れる前のフライパンに、店主はお蕎麦屋さんからもらった“揚げ玉”を入れていました。特別なものを使わない代わりに揚げ玉を入れることで、シンプルな焼きそばにグッとコクが増すのだとか。

実際に試してみた視聴者もいたようで、ネット上では「テレビで知って、焼きそばに揚げ玉入れてみたら風味が出て美味!」「揚げ玉入れるだけでこんなに味が違うんだ」といった声が上がっていました。


■スタジオもどよめく美味さ! 家でできる絶品焼きそばのポイント

「信じらんないわ、この美味さ!」家の焼きそばを極上の味にする技にオードリー若林も驚愕 画像(3/2) 【関連レシピ】麺とベーコンが香ばしくコラボ「カリカリ焼きそば」

さらに番組には、東京・新高島平にある人気店「あぺたいと本店」の店主が登場。家庭で焼きそばが美味しく作れるコツを紹介しました。店主いわく、焼きそばは「焼く」というイメージが大事とのこと。麺はフライパンに入れたらほぐさずに片面を焼き、裏側もパリパリに焼いて火を止めます。これには出演者の高橋真麻も「ほぐさないなんてやったことない!」とびっくり。

さらにソースは、麺についている粉末ソース半分、水大さじ2、しょう油大さじ1、ウスターソース大さじ1を混ぜたものを使用。その後、麺と一緒に焼いて一度取り出しておいた豚肉ともやしをフライパンに入れ、ソースを麺にかけます。麺をほぐしたら、再び火をつけて水気を飛ばし、ネギを投入。皿に盛って生卵を乗せたら完成です。

試食した小籔千豊は「たまらんぐらい美味い!」と声を上げ、オードリー・若林正恭も「ちょっと信じらんないわ、この美味さ」とその味に驚愕。試した視聴者からは「ソレダメでやってたやり方で作ったら本当に美味しかった」「普通に作るより断然美味しい」と絶賛の声が続出していました。


■新しい焼きそばの味を探求する人も!

また、世間には焼きそばに一工夫を加えて、いつもとちょっと違った味わいにするアイデアも。ネット上には「麺を焼いて、海苔の佃煮とワサビで作ったソースで味付け。普通の焼きそばの具に、トマトを加えて炒め、麺と合わせるともう最高」「普通の焼きそばに市販のミートソースとカレー粉を加えるとB級感が増してビールに合う」と、アレンジを楽しんでいる人もいるようです。


家の焼きそばが絶品の味に変わるテクニックや、普段とは違った調味料を使うアレンジレシピを取り入れれば、焼きそばの可能性は無限に広がりそう。是非チャレンジして味の違いを確かめてみてくださいね。