これは“目うろこ”かも!? 旅のパッキングは「シーンごと」にパック分けがナイス! 画像(1/3) シーンごとにパック分けされた、息子さんのサッカー合宿用荷物

秋の行楽シーズン。何をどう持っていこうか、荷物のパッキングに悩むことありませんか。例えば、整理収納アドバイザーなど日頃から“キチンと”“効率のよい”整理術に長けている人たちは、旅行時にどんな工夫をしているのでしょう? 整理収納アドバイザー・Emiさんに伺ってみました!


【アイテムごとではなく、シーンごとにパック分け】

これは“目うろこ”かも!? 旅のパッキングは「シーンごと」にパック分けがナイス! 画像(4/3) 効率的でセンスのいいアドバイスが人気の整理収納アドバイザー・Emiさん

旅行のパッキングにも使えるフリーザーバッグですが、使い方にこんな一工夫を! 「息子の通うサッカースクールの先輩ママさんたちから教わったのですが、合宿中の衣類は、アイテムごとではなく、使うシーンで分けてフリーザーバッグに詰めると便利なんです。例えば、練習着セット、歯磨きセット、お風呂セット……というように分けて、使用頻度の低いものから旅行バッグに詰めていく。こうするとよく使うものが上にくるので、使うものが見つからずバッグの中がグチャグチャ……ということも防げます」。


●例えば、こんな感じ

これは“目うろこ”かも!? 旅のパッキングは「シーンごと」にパック分けがナイス! 画像(6/3) 【写真を見る】トランプなどの細々したものの収納にも便利!

「息子のサッカー合宿のときの荷物でいうと……。フリーザーバッグの中身は、タオル、歯磨きセット、お風呂セット4つ、練習セット4つ、靴下の予備、パンツの予備、上着のセット、シューズの予備、ビーチサンダル。お風呂セットは、下着などを1日分ずつパッキング。日数分だけ持たせれば、浴室へはバッグ1つを持っていけばOKというわけです。トランプなど細々としたものの収納にも便利ですよ」。


なるほど、アイテムごとだと結局全部をあけないと必要なものが揃わないこともあるのに対し、シーンごとだとその袋一つでOK!というメリットが。ぜひ、取り入れたいパッキング術ですね。