家事のプロに教わる、一生ラクができる「小さな仕かけ」とは?

#くらし 
物は使うシーンごとに引き出しや箱にグルーピング


家事は細々したことの積み重ね。だからこそ、効率的に済ませて時間短縮をはかりたいもの。そこで、知的家事プロデューサーの本間朝子さんに、これをやっておくだけで「毎日の家事が-5分できる」うえ、一生ラクができるコツを教えてもらいました。

 

【グル―ピングで-5分】


●物はいつもジャンルごとにまとめて

テーブルの上が散らかっていると、食事のたびに片づけるのが面倒。使うシーンごとに引き出しや箱にまとめ、それごとテーブルに持ってくれば、片づけがスムーズ。

 

【小さな仕かけで-5分】


●一生ラクが続く小さな仕かけ

【写真を見る】家具のすき間はフロアワイパーの幅に揃える


家具のすき間は、フロアワイパーの幅と揃えると、家具を動かさなくてもさっと拭ける。掃除のたびに動かすいすの脚には、滑りをよくするシートを貼っておくと動かしやすい。

 

いすの脚には、滑りをよくするシートをペタリ


物や家具の置き方にほんのちょっと工夫するだけで、毎日が劇的に変わるなんて! 百聞は一見にしかず、です。早速、実践してみて。

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:本間朝子さん
仕事と家事の両立に苦労した経験から、家事の効率化をメソッドにした「知的家事」を考案。時代に合った提案で、幅広く活躍中。『家事の手間を9割減らせる部屋づくり』(青春新書プレイブックス刊)ほか著書多数。

撮影=砂原 文 編集協力=宇野津陽子


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //