“すぐでき”工夫で、お風呂掃除がグッとラクに! 画像(1/4) 浴室内の小物はすべてつるして掃除時間短縮!

「水まわりの掃除をラクにするコツは、とにかくカビを寄せつけず、乾燥を心がけること」と知的家事プロデューサーの本間朝子さん。毎日の習慣に取り入れるだけで、カビ発生を防いでお風呂掃除がグッとラクになる「-5分家事」ワザを教えてもらいました。

 

【浴室掃除の-5分家事ワザ】

●小物は全部つるせば掃除がスピーディー

洗面器やお掃除グッズ、シャンプーなどの小物類は、全部つるして接地面を最小限に。こうしておけば、いちいち物をどかさずにすむので掃除がしやすく、衛生的。

 

●風呂いすは浮かせてカビ予防


“すぐでき”工夫で、お風呂掃除がグッとラクに! 画像(3/4) 【写真を見る】風呂いすは浮かせてカビ防止

風呂いすを使わないときは、浴槽に引っ掛けておけば、脚元に水がたまらず、乾きが早い。カビが発生して浴室掃除が面倒になる前に、カビを予防する工夫を。

 

●浴室ドア下のスリットは常にあけておく


“すぐでき”工夫で、お風呂掃除がグッとラクに! 画像(6/4) 浴室ドア下のスリットは、入浴中以外いつもあけておく

ドア下付近にあるスリットを閉めっぱなしにしていませんか? ここは換気のために、入浴中以外はいつもあけておくのがおすすめ。

 

●完全に乾くまで2時間以上の換気を


“すぐでき”工夫で、お風呂掃除がグッとラクに! 画像(10/4) 浴室の換気時間は、床がしっかり乾くまでを目安に

換気をすると上から下へと乾いていくので、換気扇は床がしっかり乾くまでを目安に回して。平均して2~3時間ほどでOK。


お風呂グッズの配置を変えるだけでも、カビ発生が防げるなんてうれしい限り! しかも、じゃまな物がなければお風呂上りにササッと掃除、も苦ではなくなりそう。今からカビ発生を防いでおけば、年末の大掃除でカビ退治に苦労することもありませんよ。