1本980円のワインが100万円の高級ワインに!? 激安食材を大変身させる裏ワザ 画像(1/3) ワインの味は見た目や香りに影響される
ワインの味は見た目や香りに影響される

値段が高く普段は中々手の届かない“高級料理”の数々。いつでも気が向いた時に高級料理を食べるセレブな生活に、憧れている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、激安食材を高級料理のような味に大変身させる裏技を紹介。ちょっとした工夫で気軽に“セレブ気分”が味わえます。


■高級住宅街のセレブも騙される高級ワインの作り方

8月22日放送の「ありえへん∞世界」(テレビ東京系)で、激安食材を高級品に大変身させる裏技が紹介されました。

最初に登場したのは、1本980円の激安ワインを最高級ビンテージワインのような味にする裏技。まず「割り箸」10本を用意し、ワインボトルの中に詰め込みます。この状態で10分間放置すると、まるで高級ワインのような味わいに。番組では「田園調布」に住んでいるセレブたちが“割り箸ワイン”と1本100万円の高級ワイン「ラ・ターシュ」を飲み比べたのですが、割り箸ワインの方を高級ワインと勘違いする人が続出。舌の肥えた人でもついつい騙されてしまうほどの仕上がりのようです。

なぜ割り箸で高級ワインのような味になるのでしょうか。人気料理店「ラ ゴッチャトウキョウ」のオーナーソムリエ・龍花和輝は、「割り箸から染み出る木の香りが、樽で熟成される高級ワインの風味を生み出しているので、理にかなった裏技だと思います」と解説。ちなみに多くのコンビニで販売されている竹製の割り箸よりも、ひのきや杉でできた割り箸を使った方がより芳醇な風味になります。


1本980円のワインが100万円の高級ワインに!? 激安食材を大変身させる裏ワザ 画像(3/3) 【写真を見る】激安ウナギがちょっとした工夫でふわふわ高級食感に!
【写真を見る】激安ウナギがちょっとした工夫でふわふわ高級食感に!

その他にも番組は様々な“格上げ”裏技を紹介。ゴムのような食感の激安ウナギは、ご飯が炊き上がった直後の炊飯器に5分入れることでふわふわ食感に大変身。まるで老舗ウナギ店の高級ウナギのような味わいに。

そして味噌汁にはヨーグルトを入れるだけで、旨味成分「アミノ酸」が生み出され料亭の味のようになります。簡単に実践できる裏技の数々に「ウナギがふわふわになる方法はまじで助かる!」「ワインと割りばしは一回試してみたい」「味噌汁とヨーグルトはやってみたいけど勇気いるな…」と視聴者は興味津々な様子でした。


■“タネ”に氷を入れると高級ハンバーグに!?

番組で紹介された方法以外にも、激安食材をおいしくする様々な裏技が。SNSなどには「乾燥パスタは茹でる前に数時間水に漬け込んでおくと“生パスタ”っぽくなるよ!」「重曹を入れたお湯でインスタントラーメンを茹でるのおススメ。生麺に変身する」「お米炊くときにオリーブオイル入れるとご飯のつやが出てすごい良い感じ」との声が寄せられています。


1本980円のワインが100万円の高級ワインに!? 激安食材を大変身させる裏ワザ 画像(6/3) 意外なテクでハンバーグがふっくらジューシーに
意外なテクでハンバーグがふっくらジューシーに

また激安食材をランクアップする方法は、「真実解明バラエティー! トリックハンター」(日本テレビ系)の「トリックレシピ」というコーナーでも何度か紹介されてきました。2015年11月の放送回では、牛脂と氷を使ったハンバーグの格上げ方法が登場。

やり方は簡単で、まず牛脂をハンバーグの種に練りこむことでジューシーさがアップ。そして焼く直前に砕いた氷を練りこむと、焼いた時に蒸発して肉の間に隙間を作り、ふっくらとしたハンバーグに仕上がります。


「たまには高級食材の味を堪能してみたい」という人は是非お試しあれ!