牛乳で麺を戻すとカルボナーラに! 斬新な“カップ焼きそば”のアレンジレシピ 画像(1/2) カルボナーラや担々麵に姿を変えるカップ焼きそば
カルボナーラや担々麵に姿を変えるカップ焼きそば

手軽に食べられる人気インスタント食品“カップ焼きそば”。「焼きそばが好きなんじゃなくてカップ焼きそばが好きなんだ!」という熱烈なファンも多い商品ですが、流石に毎日食べていると飽きてしまうことも。そこで今回はカップ焼きそばを使ったアレンジレシピを紹介していきます。

 

光浦靖子がカップ焼きそばを洋風に!

8月29日放送の「キスマイレージ」(テレビ朝日系)で、カップ焼きそばの“脳内レシピ”が登場。脳内レシピとは、1度も試したことはないけど「絶対おいしいはず!」と考えられるレシピのこと。中川家の剛と礼二、光浦靖子、ギャル曽根といった出演陣が、脳内レシピを実際に調理していきました。

まず最初に登場したのは光浦の「カルボ焼きそば定食」。カルボナーラと焼きそばをいいとこどりしたレシピなのですが、光浦は「私も食べたことないから… ウマいかマズいかわからない」と不安な表情を見せています。

使用する食材はソース、かやく、牛乳、ブイヨン、チーズ、ベーコン、そしてカップ焼きそば。刻んだベーコンを付属の“かやく”と共にカップに入れ、温めた牛乳を加えて麺をもどします。3分待ったら牛乳を捨ててしまうのではなく、カップに入れてブイヨンを加えスープに。

そしてカップ麺の方にはチーズと付属のソースをかけて、混ぜ合わせたら完成です。光浦自身一度も試したことがない脳内レシピですが、試食した共演者は「おいしい!」「チーズがいい!」と絶賛していました。

 

次々と姿を変えるカップ焼きそば

2つ目に登場したのは、中川家・剛の「〆そば」。作り方は簡単で、まず通常のカップ焼きそばのようにかやくを入れてお湯で麺をもどします。その後麺を水にさらして冷やし、水を切ってカップの中に。上から鯖缶を豪快に投入したら酢を加え、仕上げに刻んだ大葉をのせたら完成です。

調理の最中は出演者から「これヤバいやつじゃない?」と悲鳴が上がっていたのですが、いざ実食してみると「あ、おいしい」「洗ってるから麺が油臭くない」「大葉がメッチャいい!」との声が続出。

そして“料理ママ”としてのイメージが定着しつつあるギャル曽根は、「ゴマ担々焼きそば」を調理。まず油を熱したフライパンでニンニクと生姜を炒め、ラー油と豆板醤を加えます。その後ひき肉を炒めていき、付属のソースで味付け。刻んだニラを加えたら“肉みそ”の完成。

そして練りゴマと食べるラー油、白ネギを合わせてソースを作り、カップ麺の中へ。最後に“肉みそ”と山椒をかけて出来上がりです。あまりの本格的な料理に、実食した共演者は騒然。中川家の剛は番組史上初の「おかわり」を要求していました。

斬新なアレンジレシピの数々に、視聴者からは「カルボ焼きそばやってみたい!」「〆そばの発想が天才的過ぎる」「ギャル曽根さんのアレンジがガチすぎて笑った」との声が相次いでいます。

 

「日清」が公開したアレンジレシピとは?

番組で紹介された方法以外にも、カップ焼きそばのアレンジは様々。2015年には「日清焼そばU.F.O.」が様々なアレンジレシピを紹介するWEB動画を公開していました。

どのアレンジレシピもかなり簡単なもので、例えば「すき焼き風U.F.O.」は生卵を別皿で添えるだけ。すき焼きのように麺を卵につけていただくのですが、試してみた人からは「この食べ方上手すぎるだろ…」「溶き卵と麺が完全に恋をしている」「これめっちゃハマるやつ!」と絶賛の声が続出。

その他にも納豆を入れた「納豆U.F.O.」や「ポテサラU.F.O.」、「U.F.O.わさび醤油」といった豊富なバリエーションが。無限の可能性を持つカップ焼きそばを使って、自分だけのオリジナル料理を作ってみてはいかが?

牛乳で麺を戻すとカルボナーラに! 斬新な“カップ焼きそば”のアレンジレシピ 画像(3/2) 【関連レシピ】こうばしい風味が納豆好きにはたまらない「納豆焼きそば」
【関連レシピ】こうばしい風味が納豆好きにはたまらない「納豆焼きそば」