「バー」1本でできる! 洗面所のデッドスペース有効活用アイディア 画像(1/4) 洗面台の下につけた突っ張り棒に掃除道具を掛けて

え、こんな所に? あ、その手があった! など、意外に見つかる洗面所のデッドスペース。タテ、ヨコ、すき間だけではなく、見逃していた“空中”も工夫しだいで有効活用できるもの。

例えば、そんな空間を「バー」を利用することで上手に活用している読者のアイディアを紹介します。

 

「バー」を使った快適収納法

●洗面台の下に突っ張り棒をつけ、掃除道具を掛ける

「排水管がじゃまな洗面台下も、突っ張り棒をつけ、排水管をよけてS字フックなどでバケツをつるせば、掃除道具の収納に」(Y.Iさん)

 

●大きなバスマットは洗面台につけたバーに掛けて


「バー」1本でできる! 洗面所のデッドスペース有効活用アイディア 画像(3/4) 【写真を見る】洗面台につけたバーで大きなバスマットもラクラク掛け収納

「洗面台の下の素材が木だったので、『これはくぎでタオルバーが取り付けられる』と、ホームセンターで 90cmの長い金属バーを買ってDIY。大きなバスマットを掛けておく定位置になりました」(Y.Tさん)

 

●引き戸の前に可動式の板をつけてバスタオル掛けを新設


「バー」1本でできる! 洗面所のデッドスペース有効活用アイディア 画像(6/4) 引き戸の前に可動式の板をつけてバスタオル掛けを設置

「バー」1本でできる! 洗面所のデッドスペース有効活用アイディア 画像(10/4) 引き戸前の板はリフォーム会社に依頼してつけてもらった

「バスタオル掛けがなかったわが家の洗面所。入り口引き戸の前に可動式の板をつけたら、スペースができました」(M.Mさん)


「置く」を「掛ける」に変えるだけでも、空間はすっきり&ごちゃつきナシ! お宅の洗面所にもきっと「バー」をつけられる空間があるのでは?