外出時にやりたい! 免疫力をアップさせる4つの掟 画像(3/4) 歩く時間を増やして下半身の血の巡りをアップ

この時期気になるのが、風邪やインフルエンザの流行。予防には、体の内側から免疫機能を高めることが最重要です。外出時にも気をつけたいことを、内科医の南雲久美子先生に教えてもらいました。

 

生活の中でできるだけ体を動かす

日中は活発に動くことで、免疫機能がアップ。首、足、おなかを冷やさない服装で、元気に出かけましょう。


●足首を覆う靴下で足まわりをカバー


外出時にやりたい! 免疫力をアップさせる4つの掟 画像(4/4) 外出時は、首の後ろ、おなか、足首を冷やさない工夫を

外出時の服装は、首の後ろ、おなか、足首を冷やさない工夫を。靴下やストールなどを活用しましょう。足首には三陰交というツボがあり、ここを冷やすと免疫力が低下しやすく不調の原因にも。特に生理前は要注意。

 

●マスクを装着して、のどと鼻をガード


外出時にやりたい! 免疫力をアップさせる4つの掟 画像(6/4) 【写真を見る】マスクをして、のどと鼻をガード

ウイルスの感染を防ぐためにも、マスクは外出時の必需品。口まわりを覆うことで鼻やのどの粘膜を保護して、乾燥を防いでくれます。装着時に顔とマスクの間にすき間ができないような、密着性の高いものを選んで。

 

●歩く時間を増やして下半身の巡りをアップ

下半身の筋力強化に最適なのが、「大股で歩く」こと。通勤時や、子どもの送り迎え、買い物中などに、少し遠回りをして歩く習慣をつけてみましょう。下半身の血の巡りをよくするいい運動になります。

 

●おやつを賢く食べて栄養をチャージ


外出時にやりたい! 免疫力をアップさせる4つの掟 画像(10/4) おやつを賢く食べて、栄養をチャージしよう

エネルギー不足は免疫力低下の大敵。良質な油を含むアーモンドなどのナッツ類や、ポリフェノールが豊富なダークチョコレートといったおやつを上手に選んで食べましょう。乾燥予防に、水分補給も忘れずに。


風邪やインフルエンザに負けないために免疫力を上げるには、日中も活発に動きましょう。