「やる気のあるとき」だけやろう。面倒なトイレ掃除のハードルがグッと低くなるテク 画像(1/4) こすったり、磨いたりが面倒なトイレ掃除

家族が毎日使うトイレ。放っておけば汚れがたまるだけだから掃除するけど、すぐに汚れてなんだかムナシイ…。そう思っているのはあなただけじゃありません!

シンプルライフ研究家のマキさんは、掃除もシンプルに“ほぼ同じ手順・同じ内容”にしてストレスがたまらないようにしているそう。その方法をレベル別に教えてもらいました。

 

LEVEL 1 すぐにマネできるラクラク1分コース

●こんな人におすすめ

未就学児が複数いる人。毎朝9時前に家を出て、帰宅が夕方5時以降になる人など。「分かっちゃいるけど、家事モチベーションがなかなか上がらないんだもん」という人にもおすすめ。

 

◆座ったままトイレットペーパーでホルダーやパネルを拭く


「やる気のあるとき」だけやろう。面倒なトイレ掃除のハードルがグッと低くなるテク 画像(3/4) 【写真を見る】入った“ついで”に、フキフキ!できれいに

トイレ掃除も入った“ついで”がベスト。「座ったままトイレットペーパーで目につく汚れを拭いています。このひと手間で、パネルやホルダーがスッキリ。ホコリもつきません」。

 

LEVEL 2 工夫一つで結構イケてる3分コース

●こんな人におすすめ

子どもが小学生以上になって、育児の体力的負担が少し減った人など。「面倒な家事はイヤだけど、そりゃもうちょっと家じゅうを何とかしたいですよ」くらいのテンションの人に。

 

◆トイレから出るときにシュッとスプレーするだけ


「やる気のあるとき」だけやろう。面倒なトイレ掃除のハードルがグッと低くなるテク 画像(6/4) 出るときにシュシュッと。1日1回だけでOK

「毎朝トイレから出るときは便座を上げて、洗浄スプレーをシュシュッと2吹きほど。1日1回するだけで汚れがつきにくい気がします」。便器まわりの汚れが気になったら、時々拭くこともあり。

 

LEVEL 3 思わずガッツポーズ!見違える5分コース

●こんな人におすすめ

一時期より育児がラクになったと感じている人。「2018年の抱負は“家を片づける”」と誓った人など。夫に「家事苦手だよね~」とかいわれて、「く~っ、見返してやる!」と思っている人にも。

 

◆拭き掃除はウェットシートで。最後にシートをトイレに流すだけ


「やる気のあるとき」だけやろう。面倒なトイレ掃除のハードルがグッと低くなるテク 画像(10/4) 床や便器まわりをウェットシートで拭き掃除

「やる気のあるときだけ、トイレに流せるタイプのウェットシートのボックスを収納から取り出し、床や便器まわりを拭きます」。やらなきゃいけないと思うとおっくうだから、やる気のあるときだけ。


「やる気のあるときだけ」って、なんて気がラクになるおことば。ふだんから“ついで”、“気になったら”の掃除をやっておくだけでストレスもたまりません!