焼かずに魚が食べられる! レンチン1分で食べられる「焼き上げ越乃甘粕漬」 画像(1/2) すでに焼いてある「焼き上げ越乃甘粕漬」

魚を食べたいけれど焼くのが面倒だったり、調理器具の後片付けが大変といった理由で、ついつい焼き魚を敬遠してしまいがちな方は多いのではないでしょうか。

そんな方のために、手軽においしく頂ける「焼く必要のない焼き魚」が登場しました! 「時短・個食」といった食のキーワードから生まれた小川屋の「焼き上げ越乃甘粕漬」です。

「焼き上げ越乃甘粕漬」は、漬け魚を中心とした商品を製造・販売している小川屋の看板商品「越乃甘粕(こしのあまかす)」を、すでに焼き上がった状態にして真空パックにしたもの。漬床に漬け込んだ魚を、職人が一切れずつ丁寧に焼き上げているので、すっきりとした甘さとほのかな酒粕の香りとコクは健在です。

焼かずに魚が食べられる! レンチン1分で食べられる「焼き上げ越乃甘粕漬」 画像(3/2) 【写真】レンジで1分温めるだけ

食卓へ出す際は、耐熱容器に移して電子レンジで1分程度温めるだけ。仕事と家事で忙しい共働き世帯や焼き魚を食べる機会が少ない一人暮らしの方も、手軽に老舗の味を楽しむことができます。また、火を使わないのでご年配の方でも安心ですし、あらためて調理する必要がない上に、魚焼き器などを汚すことがないので、後片付けに手間を取られることもありません。

魚の種類は、さけ、トラウトサーモン、銀だらの3種類。いずれも調理済みでそのまま食べられるので、お弁当にもピッタリです。

賞味期限は冷蔵で30日なので、冷蔵庫にストックしておくと便利ですよ♪ 「焼き上げ越乃甘粕漬」を食卓に取り入れて、バランスのいい食事を目指してみませんか?