タニタ前会長がプロデュース! ペットフードで愛犬の理想的な体系維持をサポート 画像(2/2) 【写真を見る】愛犬が長く健康でいられるために

健康志向が高まり続ける昨今、人間の食事はもちろんですが、愛犬の食事の栄養も気になりますよね? 『Rhythm』は、あの「タニタ」の前会長である谷田大輔さんが初めてプロデュースしたペットフード。かけがえのない家族の一員である愛犬が、より長く健康でいられるようにという願いから生まれました。

タニタ前会長がプロデュース! ペットフードで愛犬の理想的な体系維持をサポート 画像(3/2) サーモンやトラウトが主原料

ペットとの健康を実現するために設立された「Fanimal」から登場した、愛犬のための総合栄養食『Rhythm』。『Rhythm』の主原料は、サーモンやトラウトといった魚です。こちらには、脳や神経機能の維持に必要不可欠、しかしほとんどの動物が体内で生成できない必須脂肪酸の「EPA・DHA」などのオメガ3が含まれています。

さらに穀物不使用の”グレインフリー”なので穀物アレルギーの愛犬にも安心。低GIな原材料を用いているため、食後の血糖値の急激な上昇を抑制し、愛犬の理想的な体型維持をサポートしてくれます。

ラインナップは体重維持を目的とした「ヘルシーウェイト」と、体重管理を目的とした「ウェイトコントロール」の2種類。

愛犬の健康状態に合わせて、ベストな方を選んであげられます。ダイエットしたいワンちゃん、皮膚トラブルで困っているワンちゃん、お腹に優しいフードを探しているワンちゃんに最適な『Rhythm』。大好きな愛犬といつまでも健康で一緒にいられるように、ヘルシーで栄養たっぷりな食事を与えてあげましょうね。