切れ目を入れるだけでトーストが美味しくなる!? 魔法のような裏技に驚きと感動の声続出 画像(1/2) 切れ込みを入れるだけで絶品トーストに?

朝食に欠かせないトーストは、ひと手間加えるだけでもっと美味しくなります。今回は、いつもの食パンを格上げする魔法のような裏技をご紹介しましょう。

たった5分でパンが極上に!

6月3日放送の「ソレなら5分で出来ますよ。」(フジテレビ系)に、バタートースト評論家の梶田香織さんが登場。普通の食パンを、5分でホテルの朝食トーストに変身させる方法を紹介してくれました。

カリふわもっちりのトーストに仕上げるために用意するものは、なんと食パンと包丁だけ。その方法は、パンの耳に沿った4辺に切れ込みを入れるというもの。耳を切り落とさないように注意して、角から1cm離れたところから耳に沿って切れ込みを入れましょう。その際、切れ目は耳に近いところに入れるとベター。四隅を切り落とさないように下まで切れ目を貫通させたら、トースターで約2分半焼くと完成します。

とっても簡単な方法なので、半信半疑なスタジオのメンバー。そこで普通に焼いたパンと食べ比べたところ、全員が「全然違う」と驚きの表情に。マリウス葉さんは「同じパンだとは思えない」と裏技パンの味を絶賛しました。

この様子を見ていた視聴者も早速試したようで、SNSなどには「カリふぁ~になって本当に美味しかった! 5分もかからない裏技なのでおススメ」「劇的に中がふんわりになって、外はサクっと。本当に美味しい!」「うち食パン冷凍してるけど、包丁で切れ込み入れたら本当にモチモチ」「トーストの裏技、ほんとにカリッもち感が劇的に変わる! たった切れ目入れるだけなのにこんなに変わるなんて… もっと早く知りたかった~」といった驚きと感動の声が続出しています。

切れ目を入れるだけで美味しくなる秘密は、切れ込みを入れることで普通に焼いた時よりも早く熱が入るから。外側と内側に温度差が生まれてパンの中の水分が中心に移動し、外はカリっと中はもっちりとした食感になるようです。

簡単にできるトーストのアレンジレシピ!

切れ目を入れるだけでトーストが美味しくなる!? 魔法のような裏技に驚きと感動の声続出 画像(3/2) 【写真】チーズ+雪見だいふくで絶品トーストに!

様々なアレンジ法のあるトーストには、驚きのアイデアレシピがあります。中でも少し前に注目されたのが、「雪見だいふくチーズトースト」。昨年放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の“アイスがなきゃ生きてイケない芸人”に登場したこのレシピは、食パンの上にスライスチーズを乗せ、大人気のアイス「雪見だいふく」を乗せて3~5分焼くだけのシンプルなもの。

簡単かつ絶品なトーストができ上がるということで、放送直後から試す人が続出。SNSなどで「うますぎてマジ驚愕」「アメトークでやってた雪見だいふくトーストやってみた。めちゃくちゃ旨い。絶対に試すべき」「餅がとろけてチーズと絡まって、ほんのり甘くて美味しかった!」と話題になりました。

いつもとは少し違う絶品トーストは、家族も驚きの表情を浮かべるはず。早速試してみてはいかがでしょうか?