着つけができなくても大丈夫!「誰でもキレイに着られる浴衣」って知ってる? 画像(1/5) 2部式浴衣の「セパストゆかた」なら、浴衣が1人でキレイに着られる!

お祭りや花火大会、ビヤガーデンなど、夏のイベントにぴったりなファッションといえば浴衣! でも、自分で着られないし、美容院で着つけてもらうと時間もお金もかかる、出先で着崩れたときに直せないのも心配……と、あきらめていませんか?

ちょっと待って! 着つけがまったくできなくても、気軽に着られる浴衣があります。それは洋服のトップスとスカートのように、上下にセパレートした浴衣。2部式タイプの浴衣です。難しそうな帯結びも巻くだけでOK。初めてでも安心して浴衣で出かけられますよ♪ 

この夏、2部式タイプの浴衣「セパストゆかた」を発売した老舗着物専門店の「三松」さんに、キレイに着つけるちょっとしたコツを教えていただきました。

着つけができなくても大丈夫!「誰でもキレイに着られる浴衣」って知ってる? 画像(4/5) 「セパストゆかた」をキレイに着つけるコツ その1

コツその1【裾の長さはくるぶしの辺りを目安に】

ウエスト部分がゴムなので、体型によらずキレイに裾すぼみになります。

着つけができなくても大丈夫!「誰でもキレイに着られる浴衣」って知ってる? 画像(8/5) 「セパストゆかた」をキレイに着つけるコツ その2

コツその2【スカートの下前は裾すぼみになるように合わせるとシルエットがキレイ】

トップスの背中に“衣紋抜き”用のループがついていて、後ろで紐を交差するときにそのループに通すと衿がキレイに抜けます。

着つけができなくても大丈夫!「誰でもキレイに着られる浴衣」って知ってる? 画像(13/5) 「セパストゆかた」をキレイに着つけるコツ その3

コツその3【首の後ろと衿のすき間の目安はこぶし1個分くらい】

帯結びはかわいすぎない変形結び。幅広い年齢にフィットします。

コツその4【帯板をお腹側の帯の下に入れると、しわが寄らずキレイ】

2部式の浴衣は普通の浴衣よりもキレイに着られないのでは?と心配する声もありますが、「セパストゆかた」は着物を着慣れている人からも「手早くキレイに着られる」と好評とのこと。特に下前が裾すぼみの形に着られることに感激する声が多いそうです。

ポリエステル素材なので自宅で洗濯OK。汗や汚れを気にしなくていいので、子どもと一緒にどんどんお出かけできちゃうのもうれしいですね! しかも、購入すると帯板、伊達締め、下駄がもらえます。

着つけができなくても大丈夫!「誰でもキレイに着られる浴衣」って知ってる? 画像(15/5) 【写真を見る】「セパストゆかた」(浴衣、作り帯、帯留め付き飾り紐の3点セット)の色柄は全9種

「着つけができないから」「まだ子どもが小さくて余裕がないから」と浴衣でのお出かけをあきらめていたあなた、この夏は、2部式タイプの浴衣姿で夏のイベントを満喫してはいかがですか?