家事を教える vol.8-3「考えごとで家事を楽しむ」 山崎ナオコーラのエッセイ 画像(1/1) 山崎ナオコーラさんのエッセイを連載中! 今回はvol.8-3をお届けします

雑誌『レタスクラブ』で連載中の山崎ナオコーラさんのエッセイ「考えごとで家事を楽しむ」をレタスクラブニュースでも特別公開!

家事に仕事に子育てに大忙しの毎日。実体験に基づいた言葉で語られるからこその共感や、生活を楽しむためのヒントが隠されています。

vol.8「家事を教える」を4回に分けてお届け。今回は第3回目をお送りします。


******


 だが、先日、「このままでいいのか?」と思うことがあった。朝、私が寝坊をしてダラダラと布団の中にいたら、

「かあか、お料理」

 と言いながら子どもが起こしにきて、私の背中をどんどん押す。

「ああ、はい」 

 仕方なく起き上がった。子どもはキッチンまで私を押し出すと、

「かあか、お料理」

 と言い残して自分はリビングルームに行き、電車のオモチャで悠々と遊び始めた。

 なんだろうか、私の胸に湧いてくるこのモヤモヤした気持ちは。「作ってもらって当然」と思わせてしまった、という反省

だろうか。「もう世話だけでいい時期は終わってしまった」という寂しさか。

 将来、パートナー的な人ができたとき、こんな風に相手をキッチンに押し出したら、大変なことになるのではないか。

 自分で料理ができる人になってもらわなければ。

(続く)


文=山崎ナオコーラ イラスト=ちえちひろ