「あんなに汚れた水が出るとは…」 自宅で簡単に試せる“リュックの洗い方” 画像(1/2) リュックは自宅でケアできる!

両手が空くため、カバンよりも動きやすいリュックを重宝している人も多いはず。しかしよく使うアイテムだからこそ、汚れが気になりますよね。今回は、自宅で簡単にできるリュックのお手入れ方法をご紹介しましょう。

リュックは意外と簡単に洗える!?

9月12日放送の「あさイチ」(NHK)に、“洗濯王子”こと中村祐一さんが登場。自宅で簡単にできる“リュックの洗い方”を教えてくれました。

中村さんが取り出したのは、おしゃれ着用の中性洗剤と研磨剤のついていないスポンジ。まずスポンジに直接洗剤をつけて、硬い面で目に見える汚れを落としていきます。そのあとは洗剤を水に規定量溶かし、スポンジを浸して柔らかい面で全体の汚れをこすりましょう。

汚れが落とせたら、次はすすぎへ。水を張った容器にリュックを丸ごと浸して、軽く押すようにすすいでいきます。ここでのポイントは、形を保ったまま水に沈めること。型崩れを防ぐため、必要以上に動かすのは避けた方が良いそうです。

最後は洗ったリュックを乾かす作業。タオルで水気を拭き取り、ハンガーにかけて風通しの良い場所で陰干しします。リュックは底が分厚い場合が多いので、薄い部分を下にした方が乾きやすくなるのだとか。

家庭でもリュックを洗えると知った視聴者からは、「家の中にあるリュック全部丸洗いしてくる!」「あんなに汚れた水が出るとは…。早速洗ってみよう」「リュック背負ってる時って本当汗かくけど洗えてないからな。この情報はマジありがたい」などの声が上がっていました。

自宅でも簡単に洗えるリュックですが、革を多く使った製品は色落ちや縮んでしまう可能性が。どうしても洗いたい場合は、クリーニング店へ相談しましょう。

洗濯王子が伝授する“フェイクファーの洗い方”!

「あんなに汚れた水が出るとは…」 自宅で簡単に試せる“リュックの洗い方” 画像(3/2) 【写真】フェイクファーも自宅で洗える!

様々なモノを洗ってきた洗濯王子は以前、自宅でできる“フェイクファーの洗い方”をブログで紹介していました。

用意するものは、蓋のできるビンとシャンプー、コンディショナーのみ。ビンに35度くらいのぬるま湯500ccとシャンプー少々(1~3cc)を入れて、よく振ります。シャンプーが溶けたのを確認できたらファーを投入。2~3分軽く振ったら水を捨て、ファーを軽く絞りましょう。

水を絞ったらビンにぬるま湯とファーを入れて、1~2分軽く振ってすすぎます。すすぎ終わったらファーを軽く絞り、ビンにぬるま湯を入れてコンディショナーを少々投入。振って溶かしたらファーを入れ、先ほどと同じく「2~3分軽く振る」→「軽く絞る」→「ぬるま湯で1~2分振ってすすぐ」を繰り返します。あとはタオルで挟んで水気を取り、櫛で毛並みを整えたらドライヤーで全体を乾かしてお洗濯終了。ドライヤーで乾かす際は、一カ所に温風を当て過ぎないように注意が必要です。

よく使うアイテムを自宅でお手入れできれば、クリーニング代の節約に。自分では洗えないと思っていたアイテムも、自宅で洗濯してみてはいかがでしょうか?