宇宙で「宇宙服」を着ないと人はどうなる? 眠れないほど面白い地球の雑学(15)【連載】

#趣味 

地球はどうやって生まれたのか。気になりませんか? 人間の身体の知られざる秘密など、思わずだれかに話したくなる理系のウンチクで、あなたの雑談を‟スケールアップ"!

『人類なら知っておきたい 地球の雑学』から、第15回目をお送りします。

◇◇◇

宇宙服を着ずに 宇宙空間へ飛び出すとどうなる?


人が宇宙空間で活動するときに着る宇宙服。小さな「宇宙船」ともいうべきその服の構造は非常に複雑で、断熱材やゴアテックス、ケプラーなどの化学素材でつくられた14層構造からなる。重量は、ランドセルのように背中につけられた生命維持装置を合わせると約120キログラム。米社製のもので1着約1000万ドル(約11億円)という超高級品だ。

では、人が宇宙服を着ることなく宇宙空間へ飛び出したらどうなるか。当然、死んでしまうことになるが、その死因については「体が破裂する」「凍死する」「窒息する」といった説が知られている。なかでももっとも有力なのは「窒息」である。

地上にいるとき、人体は常に1気圧の圧力を受けているのに対し、真空状態の宇宙空間に気圧はない。そのため、生身の状態では、体内にある空気は膨張してしまうが、皮膚が持ちこたえるのですぐには破裂しないという。また、宇宙空間はマイナス270℃という極寒の世界だが、熱を伝えるために欠かせない空気がないことから、体から熱が奪われて凍死に至るまでにはかなりの時間を要する。

このほかにも、血液中に気泡ができて沸騰するという説もあるが、こちらも短時間では沸騰しない。つまりこれらの結果から、宇宙空間では呼吸ができず「窒息」するのが、いちばんの死因になるというわけだ。

ただし、宇宙空間でもっとも恐ろしいのは、太陽から飛んでくる大量の宇宙線である。宇宙線とは、ガンマ線などを含む強い放射線のことで、これを生身の状態で浴びた場合、人体に深刻なダメージをもたらす。

加えて宇宙空間には、宇宙ゴミ(スペースデブリ)が高速で飛び交っている。これらの危険から身を守るためにも、宇宙服は欠かすことができないアイテムになるのだ。

著=雑学総研

この記事に共感したら

Information

人類なら知っておきたい 地球の雑学


人類なら知っておきたい 地球の雑学
思わず誰かに話したくなる「理系のウンチク」が満載! 職場で家庭で、日々の「雑談」に役立つ、動植物・天体(太陽系)・人体・天気・元素・科学史など、「理系ジャンルネタ」が存分に楽しめる必読の一冊です!

▼単行本情報はこちらから

著者:雑学総研
珍談奇談の類から、学術的に検証された知識まで、種々雑多な話題をわかりやすい形で世に発表する集団。江戸時代に編まれた『耳袋』のごとく、はたまた松浦静山の『甲子夜話』のごとく、あらゆるジャンルを網羅すべく、日々情報収集に取り組んでいる。

おすすめ読みもの(PR)