「本日中にお召し上がりください」のケーキには要注意!? 再加工しているホールケーキの見極め方 画像(1/2) 断面を見れば再加工ケーキが判別できる!

賞味期限や消費期限はしっかりと守っている人と、そうでもない人に2極化しやすいですよね。ただ「本日中にお召し上がりください」と書いてあると、ほとんどの人が期限を守って食べるのではないでしょうか。今回は「本日中にお召し上がりください」という表記についての衝撃事実を紹介していきます。

「本日中に食べてください」のケーキは再加工品!?

10月7日に放送された「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)では、「絶対に耳を塞ぎたくなる初耳学」を紹介。「本日中にお召し上がりください」と記載されているホールケーキの新常識をピックアップしました。

ケーキ屋さんで販売されているケーキは“その日に作ったもの”というイメージがありますが、中には前日の売れ残りを再加工したケーキも混じっているようなんです。この事実に、スタジオの土屋太鳳さんは首を横に振りながら思わず苦笑。ギャル曽根さんも、「ホールのケーキが… 再加工!?」と驚愕の声を上げています。

では再加工品を見分けるには、どこに着目すればいいのでしょうか。それはホールのケーキをカットした時の断面。再加工のケーキはスポンジが水分を吸いこんでいるので、層が斜めになっていることがあります。同番組が独自に都内のケーキ屋さんで抜き打ち調査をしたところ、10個中2個には再加工が疑われるケーキが…。ただ毎日売り切れが続出するような人気店や、デパートに入っているような大型店舗は再加工している可能性が低いといわれています。

ケーキ屋さんのタブーに触れた初耳学に、視聴者からは「夢の職業だと思ってたのにケーキ屋にもこんなことがあるんだ…」「買う時に断面ばっかり気にしちゃいそう!」「新鮮なケーキだけを売ってくれよ-!」といった反響が後を絶ちません。

ちなみに保存方法や時期にもよりますが、作って2日目のケーキは食べても問題はないようですよ。

意外と知らない冷凍食品の消費期限

「本日中にお召し上がりください」のケーキには要注意!? 再加工しているホールケーキの見極め方 画像(3/2) 【写真】塊になっている冷凍食品は食べちゃダメ!?

ケーキはその日のうちに食べるのが一般的ですが、食べ物の中には「これくらい大丈夫だろう」と食べてしまうものもありますよね。そこでここからは、おざなりになってしまいがちな冷凍食品全般の期限について伝授していきます。

冷凍食品などの加工食品を扱っている「ニッスイ」の公式サイトによると、いくつか食べる時におすすめできないケースがあるよう。まずはパッケージを開けた時に中身が塊になっている場合。これは一度溶けかけたものが再凍結した時に起こる現象です。品質が低下している可能性があるので、あまり食べることは好ましくありません。

冷凍食品のパッケージが膨張している場合は、2パターンが考えられます。1つは冷蔵庫のドアを開閉した時の温度差が原因の膨張。この時は品質に問題はないので食べてOKです。しかし開封して異臭を感じたら腐敗している証拠。この時は食べずに処分してくださいね。

食品によって安全に食べられる期間はさまざま。やみくもに口にせず、しっかりと見極めてから頂くといいかもしれません。