働くママたちは毎日タイムアタック状態! 子どもの朝ごはんに“おにぎり”はアウト? 画像(1/2) 戦争のような朝を迎えるママたちの朝食手抜き事情

働くママたちにとって、朝の時間は1分1秒も惜しいはず。面倒な朝食作りを手軽なもので済ませるのも、朝の時短に繋げるひとつの手段ですよね。しかし中には、「手抜きな朝ごはんは子どもたちにあまり良くないかも…」と不安視する人もいるようです。

子どもの朝ごはんに“おにぎり”はアウト?

とある主婦は、“子どもの朝ごはん”についてお悩み中。彼女は激動の朝を迎える働きママのため、朝ごはんは手軽に作れる“おにぎり”が主流になっています。しかしある日義母から「毎日おにぎりって栄養面や食育的にどうなの?」と言われてしまい、朝ごはんのメニューを変えるべきか頭を抱えているようす。

彼女の相談を受けて、ネット上では様々な意見が続出しました。中には「ふりかけおにぎりだけでは栄養が偏っているかも」という声もありましたが、「1日を通して種類を食べているなら全く問題ないですよ」「1日3食おにぎりなら話は別だけど、忙しい朝のみなら気にすることはない」など肯定的な意見が数多く上がっています。

いっぽう“我が家はもっと手抜きです”というママからは、「先日行ったアレルギー検査では、医者から『栄養満点だね』『1歳半でこの数値は珍しいよ』とお褒めの言葉を頂きました」と相談者をホッとさせるような体験談も。

さらに同じく忙しい朝を迎えるママたちからは、「具だくさんの味噌汁をプラスしたらどう?」「納豆やヨーグルトなど、冷蔵庫から出すだけのものなら忙しい朝でもラクだよ」「栄養が気になるようなら、時々シリアルの日を作ってみてはいかがでしょう」などアドバイスの数々が寄せられました。

「夕食作りの時短テク」ランキング第1位は…?

働くママたちは毎日タイムアタック状態! 子どもの朝ごはんに“おにぎり”はアウト? 画像(3/2) 【写真】働くママたちの壮絶なタイムアタック事情

仕事も家事も両方こなす働くママは、朝食作りだけでなく“夕飯”をいかに時短で済ませるかも大切なポイントに。エスビー食品の「夕食の時短に関する調査」によると、働くママ500人のうち71%の女性が「朝食や昼食以上に夕食作りの時短を意識している」と回答しています。そこでここからは、働くママたちが抱える“夕食作りのタイムアタック事情”を探ってみましょう。

同調査では“夕食作りにかかる時間”について、「普段の夕食作り」「時間がない日の夕食作り」「夕食作りの過去最短記録」の3つの時間をヒアリング。まず「普段の夕食作り」の平均時間が“46分”だったのに対して、「時間がない日の夕食作り」は平均“24分”であることが分かりました。

いっぽう「夕食作りの過去最短記録」は平均“16分”という結果に。そこで“どのような時短テクニックを使っているか”についても尋ねてみたところ、第1位には「1皿で済むメニューにする(54%)」、第2位には「調理済み食品を使う(45%)」、第3位には「品数を減らす(38%)」がランクインしました。中には少数派の意見として、「材料の種類を減らす」「白飯の量を多くする」「1品当たりの量を減らす」といった物理的な手段に走る人も。

どうやら働くママたちの多くが、壮絶なタイムアタックを繰り広げているようですね。