地元商店街での買い物は、家族で思い出も共有できる体験。さらに、オーナーとのやりとりで会話が弾む楽しみも。アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.が行った、自分の住む地元の個人店に関する意識調査によると、8割以上の人が、地元の個人店での買い物や食事が好きと答え、「地元の個人店を応援したい」という人も6割以上という結果になっています。

そんな地元で愛されるお店での買い物を応援しよう、という「SHOP LOCAL」と呼ばれる取り組みを知っていますか? 今年2年目になるこの取り組みは、アメリカン・エキスプレスが2010年にアメリカから始めた「SHOP SMALL」の日本版。お店や行政、NPO、企業が協力して中小ビジネスを応援し、地域コミュニティ活性化を促す新しいムーブメントです。今年はさらにパワーアップし、11/16から全国各地のお店を盛り上げていて、商店街単位では横浜の元町ショッピングストリート、神戸の三宮センター街でも11/16から始まっています。

次のお休みどこに行く? 家族で地元の商店街にお買い物に行ってみた! 画像(1/14) 商店街にたなびく「SHOP LOCAL」の青いフラッグ

パパの思い出の街・元町ショッピングストリートへ家族で

ある日曜日、横浜にゆかりのある鹿濱さん家族がお買い物に行ってきました。単身赴任で週末帰ってくるパパの彗(けい)さんと共に、元町ショッピングストリートへ。ここは横浜育ちのパパにとって、子ども時代に家族で買い物や洋食を楽しんだり、学生時代には友人たちと洋服を買いに来たり、と折に触れて訪れていた場所。そんな楽しかった思い出を今度は自分の家族ともつくり、2人の子どもたちにも地元のお店への愛着や誇りを育んでくれたら…との思いからです。


次のお休みどこに行く? 家族で地元の商店街にお買い物に行ってみた! 画像(3/14) 【写真を見る】家族揃って、いざ「行ってきま~す!」

鹿濱さん一家が最初に訪れたのは、ママの瑛里(えり)さんが以前から気になっていた「cashew tree motomachi(カシューツリー モトマチ)」。「里響(りおと・長男)がナッツが大好きなので、来てみたいと思っていたんです」。


早速、店内に足を踏み入れると、パッと顔を輝かせて「わぁ、ナッツがいっぱい!」と大喜びの子どもたち。料理好きのママも興味津々です。「どのナッツが好き? これは食べたことあるかな」と子どもたちに試食させてくれる店員さん。「好きなナッツを自分でカップに詰めることもできますよ」と言われて、里響くんのセレクトが始まります。

次のお休みどこに行く? 家族で地元の商店街にお買い物に行ってみた! 画像(7/14) 「好きなナッツをカップに詰めてね」と店員さんに言われて、張り切る里響くん

「あ、これもおいしそう」とレジ前のフレーバーナッツに気づいたママ。「子どもたちにはショコラ系、パパやママにはチーズやベーコンのフレーバーがおすすめです。試食してみますか」と、やさしく説明してくれる店長。こんな心遣いも個人ショップならではの魅力です。


店員さんとナッツの炊き込みご飯のレシピで話が弾んだママも、「ここはまた絶対来ちゃうな~」と大満足の様子。パパもそんな家族の笑顔を見てうれしそうです。


【cashew tree motomachi(カシューツリー モトマチ)】

住所:横浜市中区元町5-190-1 電話:045(298)3733 営業時間:平日11:00~19:00 土日祝10:00~19:00 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休業)


散策のあとは、ランチを堪能

さらに元町ショッピングストリートを散策しながら、「この店は○○と来たな~」「お義母さんも“元町チャーミング・セール”の常連よね」と話が弾むパパとママ。子どもたちは…と言うと「おなか減った~!」。昔の自分を思い出して、パパも思わず「じゃあ、やっぱり洋食だな」とにっこり。子どもたちが大好きなピザを食べに、「La tappa fissa(ラ・タッパ フィッサ)」へ。


流暢な日本語&笑顔で迎えてくれるオーナーの妻・パオラさん、こじんまりとした店内。「1本裏道に入ると、こういうアットホームなお店があるのがいいね」とパパ&ママ。オーダー時に子どもたちがピザが大好きと話すと、オーナーシェフの出雲さんから「じゃあ、一緒に作ってみる?」と、うれしい提案が! 

次のお休みどこに行く? 家族で地元の商店街にお買い物に行ってみた! 画像(15/14) オーナーシェフ出雲 亘さんと一緒にピッツァを作る里響くん
次のお休みどこに行く? 家族で地元の商店街にお買い物に行ってみた! 画像(24/14) 「出来たよ~」とオーナー夫妻と一緒にサーブする里響くん。「お兄ちゃんが作ってくれたよ」と里椰ちゃんに説明するママ

オーナーシェフの店だからこそできる楽しい体験。里響くんも里椰ちゃんの食欲はとまりません。


同調査によると、「地元の個人店の人気の秘密は、“人の魅力があるから”」。「地元の個人店はお店の人との親密さや距離感がいい」といった意見も多く出ています。まさに鹿濱さん一家も、そんなトラットリアで元町ランチを満喫しました。


【La tappa fissa(ラ・タッパ フィッサ)】

住所:横浜市中区元町4-161-8 電話:045(323)9202 営業:月・金・土・日・祝ランチ 12:00~15:00(LO14:30) 月・水・木・金・土・日・祝ディナー 18:00~23:00(LO22:00) 定休日:火曜日


家族の会話も膨らんだ大満足の地元散策

その後も元町ショッピングストリートをぶらぶらとお散歩。「元町ってオシャレなイメージが強いから、子ども連れだとどうかな、と思ってたけど、こんなにゆっくり歩けて楽しめるなら、家族散策にぴったりね」と笑顔のママ。途中で「SHOP LOCAL」期間限定のロンドンバスのカフェスペースを見つけて、ラテアートでカフェタイムも楽しみます。


【ロンドンバス・ラテアートカフェのスケジュール】

●横浜 元町ショッピングストリート(13:00-17:00)12月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)

●神戸 元町交差点・出会いの門前(12/2まで11:00-18:00、12/8以降17:00-21:00)12月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)



楽しいショッピングに、おいしい食事。いっぱい歩いた子どもたちも「楽しかったね!」「また来たい~」と堪能した様子です。


地元でのショッピングは、思い出を共有したり、家族の会話が増えるきっかけにも。今回ご紹介した「SHOP LOCAL」は全国でも開催します。ショッピングで家族の思い出をつくったり、会話が弾むきっかけにもなるので、あなたも地元の素敵なお店を探しに出かけてみませんか?



【レタスクラブニュース編集部/PR】