古今東西100人の天才たちが実践していた「習慣」から、その成功法則を導き出せ!芸術家やアスリート、学者に起業家など、歴史に名を残す「超一流」の天才たちが実践していた「習慣」から、彼らの人生哲学やマイルールを読み解きます。すぐに真似できる「習慣」で、今日からあなたも目指せ天才!

※この記事は『すぐに真似できる天才たちの習慣』(KADOKAWA)からの抜粋です。


 「『交換日記』をつけて課題を見つ、対策を意識する」大谷翔平 天才の習慣(6)【連載】 画像(1/1) 「『交換日記』をつけて課題を見つ、対策を意識する」大谷翔平 天才の習慣(6)

「交換日記」をつけて今後の課題を見つける

【大谷翔平 Shohei Ohtani】

(1994 〜)メジャーリーガー。2018 年、投手と打者の「二刀流」で活躍。


「野球ノート」に記された日々の反省と対策

大谷翔平選手は小学生の頃、父親と野球についての「交換日記」のやりとりをしていたそうです。「野球ノート」と名付けられたミニサイズのキャンパスノートには、「3回まではいいピッチングができた」「高めのボール球に手を出した」などの反省が記され、父親がそれに対する対策やアドバイスを返してあげていました。

これにより、練習における意識付けができていったのです。[※1]

[※1]『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』佐々木亨(扶桑社)



【プラスα】日記をつけることで得られる効果とは?

日記をつけるという行為には、単純に「記録」としての意味合いと、実は「感情浄化作用」があることが科学的に証明されています。ある学術誌[※2]によると、参加者が15 ~20 分の執筆を3~5回繰り返すだけで、トラウマやストレスが軽減されたといいます。この方法は、特にがんなどの重い病気を抱えている人に効果的なのだそうです。

[※2]「Advances in Psychiatric Treatment 」