「3割やせ」や小顔にも見える!? 簡単に“盛れる”写真の撮られ方

#くらし 
小顔に写るには、肩の位置に注意して


写真に写るのが苦手……という人も多いですが、それは撮られ方が分かっていないから。ステキに見える写り方をマスターしましょう。ちょっとの工夫で、笑顔やスタイルがグーンと美しく見えます! 美容作家&モデルの豊川月乃さんに教えてもらいました。

3割やせて写りたい!


【体にメリハリを作れば自然と細見えに! 】

姿勢を正して立ち、片脚を前に出して軽く曲げ、体を斜めに向けます。体の幅を3分の2見せるように。体にメリハリが生まれることで細く見えて脚長効果も。

【写真を見る】このポージングで「3割やせて写る」のも可能!


〈これはNG〉動きがないとずん胴体型に

ただの棒立ちでは、いつも以上にずん胴で脚も太く見えるだけ。照れずにポージングにトライしてみて!

棒立ち=ずん胴体型に


ひと回り小顔に写りたい!


【肩幅とのバランスが顔の大きさを左右する】

背すじを伸ばして肩を引き、首を伸ばします。頭を後ろに引き、背骨の上に乗せるイメージで。肩幅が広く保たれるので、相対的に顔が小さく見えます。

〈これはNG〉前に突き出て人一倍大顔に

猫背になると肩が前に出て、肩幅が狭く見えます。さらに顔が前に突き出されるため、大顔の印象に……。

猫背はデカ顔に写りがち


自然な笑顔で写りたい!


【美しい笑顔の秘訣はほおを上げること! 】

口角が上がり、前歯が見える笑顔が理想。口を横に開くのではなく、ほおを上げることを意識すると口角も上がり、美しい笑顔が作れます。

ほお&口角を上げて


〈これはNG〉口角が下がり不自然に

口を横に開いてしまうと、口角が下がり、笑顔のつもりが不満顔に。ステキな笑顔が作れるよう鏡の前で練習を。

口を横に開くのはNG


こんなテクニックも覚えておこう!


●集合写真ではゆがまないまん中に陣取る!

集合写真を撮るとき、「私は端でいいや……」はNG! レンズのゆがみのせいで太って写るのです。中心部分に立ち、上記を参考に細見えポーズをとれば完璧。

●室内のライトを味方につけて、よりよい顔写りに

室内で写真を撮るときはライトの位置もチェック。逆光がNGなのは基本ですが、ライトの真下で写ると顔に影ができて暗く見え、凸凹も目立つので避けましょう。

●恥ずかしがらず、いつもより1.5倍の笑顔で臨むべし

写真に写るときは、やり過ぎ?と思うくらいの笑顔がちょうどよく見えます。自分の好きなものや、かわいいと思うものを頭に思い浮かべると、自然な笑顔に!

これでいつ撮られても怖くない!より美しく写るために、日ごろから表情筋トレーニングもしておけば万全ですね! “黒歴史”をつくらないために、ステキな写り方をマスターしておきましょう。

監修・モデル=豊川月乃 撮影=三佐和隆士 ヘア&メイク=大門友子 編集協力=彦田恵理子

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:豊川月乃さん
美容作家、モデル、ライフコーチ。ウォーキング、所作、マナーなどを幅広く学べるモデル・ビューティスクール「sen-se」代表。女優やモデルから一般の人まで、延べ2万人を指導。著書に『ビューティ顔筋フィットネス』(主婦と生活社)など多数。

【こちらもあわせてチェック】
-5歳も夢じゃない! メイクの前にぜひやっておきたい「表情筋トレーニング」
「あご&首のたるみ」「ほうれい線」。2大悩みを解消する「若返りトレーニング」
ボテッとしたまぶた、目の下のクマとたるみ、おでこのシワを解消する「若返りトレーニング」

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //