AI化が進むなかで、論理的思考を身につけておくことはとても大切。社会人の素養としても必須の数学的思考を育てるパズルで、「できる脳」を育てましょう。単なる知識を超え、論理的思考力と柔軟な発想力を鍛えるパズルに、ぜひ挑戦してみてください!

※この記事は『頭のいい小学生が解いている算数脳がグンと伸びるパズル』(松永暢史・星野孝博/KADOKAWA)からの抜粋です。


「なな」を作ろう

ヨコ3マス、タテ5マスの白い盤(ばん)があります。マス目に2つのブロックを置いて、「なな」を作りましょう。「なな」と読めれば正解です。答えは2つあります(盤に置いた2 つのブロックを平行移動させた答えは同一解答とします)。

ブロックは、マス目にそって置きます。ブロックを回すことはできます。

このブロックを置いて「なな」を作ります。(スクロールすると答えがあらわれます)

逆転の発想でヒラメキを!ブロックで「なな」を2つ作ろう 算数脳(10)【連載】 画像(1/2) 逆転の発想でヒラメキを!ブロックで「なな」を2つ作ろう 算数脳

☆作る「なな」は「七」と「7」です。










【答え】

逆転の発想でヒラメキを!ブロックで「なな」を2つ作ろう 算数脳(10)【連載】 画像(3/2) 答え

解説

これはまさに「逆転の発想」を絵に描いたような問題です。

まず、気づきやすいのは「7」ではなく「なな」と書いてあることです。どんな「なな」があるかを考えた人は多いでしょう。漢字の「七」を頭に浮かべた人は、1 つ目の答えにたどり着きやすいのですが、「7」を作るのは容易ではありません。

問題文では「ブロックで」ではなく「ブロックを置いて」とわざわざ書いてあります。

つまり、必要なパーツは2 つのブロックと白い盤の3 つあるということです。そこから、もう1つの答えは白い盤を使って作るのかもしれないという発想ができた人は正解できたはずです。

発想力を磨みがくには、カギとなる「気づき」の見つけ方を知っておくことが重要です。ここでは、特に違和感(いわかん)を見逃(みのが)さない注意力が必要です。