AI化が進むなかで、論理的思考を身につけておくことはとても大切。社会人の素養としても必須の数学的思考を育てるパズルで、「できる脳」を育てましょう。単なる知識を超え、論理的思考力と柔軟な発想力を鍛えるパズルに、ぜひ挑戦してみてください!

※この記事は『頭のいい小学生が解いている算数脳がグンと伸びるパズル』(松永暢史・星野孝博/KADOKAWA)からの抜粋です。


乗り物な〜んだ!?6つの条件にすべて当てはまる答えを推理 算数脳(13)【連載】 画像(1/1) 乗り物な〜んだ!?6つの条件にすべて当てはまる答えを推理 算数脳(13)

下の6 つの文章すべてに当てはまるものはなんでしょうか?

■ 乗り物です。人が乗って動かします。

■ 上にいったり 下にいったりします。

■ 前後にはほとんど動きません。

■ 1 人でも乗れますが、だいたい2 人以上で乗ります。

■ 窓やドアはありません。

■ 電気や燃料を使いません。


☆外にあるものです。

(スクロールすると答えがあらわれます)













【答え】シーソー。


解説

「想像型発想術」の問題です。

想像とは、目的に向けて条件や状況の枠(わく)の中で思い浮かべることです。枠や目的がなく、ボーッと自動的に頭の中に何かを思い浮かべるのは、空想や妄想(もうそう)です。答えらしきものに届くまで連想の触手(しょくしゅ)を広げて正解を導き出すのが、想像型発想の考え方です。


この問題は少し意地悪で、はじめの4つで「エレベーター」と思わせておいて、5つ目、6つ目でひっくり返すことで、それまでの連想の触手をすべてムダにさせるようになっています。

ただ、電気や燃料を使わないことが、とても大きなヒントになります。乗り物と言われて思いつく、車や飛行機のような機械で動くものではない。そして窓やドアがないので、壁などで囲われたものではない、と推理できます。そこから外にある機械ではない乗り物と考えると、遊具にたどり着けるはずです。


また、この問題では情報整理力が必要です。子どもにとって6個の条件を同時に考えるだけでも、難題です。応用問題や文章問題になったとたん、急にできなくなる原因として、情報や条件を頭の中に残しておけないことがあります。

このような問題を考えて、親子で出し合うと、遊び感覚で情報を整理する力が身につきます。