チョコレートを最短で12個に分けるには?注意深く考えて! 算数脳(15)【連載】

#育児・子育て 

AI化が進むなかで、論理的思考を身につけておくことはとても大切。社会人の素養としても必須の数学的思考を育てるパズルで、「できる脳」を育てましょう。単なる知識を超え、論理的思考力と柔軟な発想力を鍛えるパズルに、ぜひ挑戦してみてください!

※この記事は『頭のいい小学生が解いている算数脳がグンと伸びるパズル』(松永暢史・星野孝博/KADOKAWA)からの抜粋です。

チョコ割り計算


下のチョコレートを溝(みぞ)にそって、12 個に割ろうと思います。何回で12 個に割れるでしょうか? もっとも少ない回数を答えてください。ただし、割ったものを重ねたり、並べたりして、いっしょに割ってはいけません。

チョコレートを最短で12個に分けるには?注意深く考えて! 算数脳(15)


☆割り方は、答えに関係ありません。

(スクロールすると答えがあらわれます)

【答え】11 回

答え


解説


いろいろな割り方があるので、一見すると、とてもむずかしい問題に思われる方も多いでしょう。

問題文の「もっとも少ない」という言葉に気を取られず、割ることによるチョコレートの数の変化に着目すれば、どのように割っても同じ回数になることに気づくでしょう。

解説図の線で囲まれた部分が、その回で割られるチョコレートですが、その部分だけ見れば、いつも1 つのチョコレートが2 つになっています。割られたもの以外の数は変わらないので、全体の数は1 回割るごとに1 つ増えることがわかります。

そしてチョコレートの数は、割る回数より1大きい数になっているので、11 回目に12個となることがわかります。

この問題では「注意型発想力」と「分析型発想力」を同時に使います。割るということと、チョコレートの数の関係をじっくり考えることが重要です。

この記事に共感したら

Information

『頭のいい小学生が解いている算数脳がグンと伸びるパズル』


『頭のいい小学生が解いている算数脳がグンと伸びるパズル』
これからの受験を乗り切るためには、論理的思考ができる数学能力が大切。単なる知識を超えた、論理的思考力と柔軟な発想力を育てるには、パズルが効果的です。大人にも挑戦しがいのあるパズルを全101問取り揃えました。

▼掲載話一覧はこちら


著者:松永暢史(まつなが・のぶふみ)
1957年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。教育環境コンサルタント。教育や学習の悩みに応えるV-net主宰。「受験のプロ」として音読法や作文法、サイコロ学習法などを開発し、執筆や講演などで活躍。『男の子を伸ばす母親は、ここが違う!』『ガミガミ言わずに子どもを勉強させる方法』など著書多数。

星野孝博(ほしの・たかひろ)
1970年、愛知県出身。東京理科大数学科卒業。日本パズル協会代表理事。日本で唯一、教育的メカニカルパズルを専門に扱う(株)クロノス代表取締役。パズル制作のほか、パズルショップやクロノスパズル教室の運営を行う傍ら、Eテレアニメ『ファイ・ブレイン~紙のパズル~』の監修などにも携わるなど幅広く活躍。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //