AI化が進むなかで、論理的思考を身につけておくことはとても大切。社会人の素養としても必須の数学的思考を育てるパズルで、「できる脳」を育てましょう。単なる知識を超え、論理的思考力と柔軟な発想力を鍛えるパズルに、ぜひ挑戦してみてください!

※この記事は『頭のいい小学生が解いている算数脳がグンと伸びるパズル』(松永暢史・星野孝博/KADOKAWA)からの抜粋です。


〇の数え方

下の〇の数は全部でいくつあるでしょう。 全部数えるのではなく、計算で答えを出してください。

シンプルにして考えるのがコツ!  ○の数を数えずに求めるには? 算数脳(16)【連載】 画像(1/2) シンプルにして考えるのがコツ!○の数を数えずに求めるには? 算数脳(16)

☆計算は九九2 回と足し算1 回です。

(スクロールすると答えがあらわれます)













【答え】

シンプルにして考えるのがコツ!  ○の数を数えずに求めるには? 算数脳(16)【連載】 画像(3/2) 答え

解説

考え方はいくつかありますが、これほど単純に置き換えられるものはないでしょう。もちろん、61 個は数えようと思えば簡単に数えられるので、試験などではこのまま出題されることはありません。実際には、この問題をヒントにして、

「 では、もっと点を増やし、外側の1列が100個のとき、全部で点はいくつになるでしょうか?」

という形で出てきます。こうなると、数えることはできません。そして、どこまでシンプルに考えられるかが、時間と計算間違いを少なくするポイントになります。上記と同じやり方であれば、

 100 × 100 + 99 × 99 = 19801

たとえ列がいくつになろうと、計算式はとてもシンプルです。


正しい答えを出すということは、算数や数学ではとても大切なことですが、それで終わってはいけません。応用力が利かない力技は、すぐ壁にぶつかってしまいます。規則性や法則を見つけ出そうとする考え方は、算数脳の代表的な思考パターンです。