タモリも思わずハイテンション!? 日本で食べられる“世界のインスタントラーメン” 画像(1/2) タイ・韓国・中国のカップ麺が登場!

日本生まれのカップ麺が、海外で独自の進化を遂げているのはご存知でしょうか?

今年2月放送の「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)では、世界のインスタントラーメンを特集。

日本発のグローバルグルメを深堀りしています。


美味しいカップ麺にタモリさんのテンションアップ!

番組では新大久保を訪れ、“世界のカップ麺を巡る食べ歩きの旅”へ出発。

まずタイのカップ麺が購入できるお店を訪ねました。

タイのカップ麺にはトムヤムクンやガーリック、グリーンカレー、パクチーなどの種類が。


トムヤムクン味を食べたケンドーコバヤシさんは、「本格的なスープですね!」とその味を気に入ったようです。

また麺にビーフンが使われているガーリック味に、タモリさんも「美味しいねコレ」とコメント。

RAG FAIRの土屋礼央さんは「ビーフンって新感覚でいいですね!」とレポートしていました。


続いて一行は、韓国のカップ麺が置いてあるお店へ。

ここでは定番の“辛ラーメン”や「宗家」の生キムチが入った“キムチラーメン”、「コムタン」の味を再現した辛くないラーメン“サリコムタン麺”などをいただくことに。

サリコムタン麺を食べたケンドーコバヤシさんは、「これはきますね。流行るんじゃないですか?」とコメントしています。


そして最後は、中国のカップ麺が発売されているお店を訪問。

でんぷん入り平打ち麺が味わえる“重慶小面(ツォンチィンシャオメン)”の牛肉味と麻辣味が登場しました。

牛肉味は見た目が真っ赤ですが、そんなに刺激は強くないよう。

グラビアアイドルの長澤茉里奈さんは、「麺がサッパリしてますね! 思ったより辛くない」と絶賛しています。

一方、麻辣味は香辛料が効いた味。

ケンドーコバヤシさんは、「あっ辛~! 今日食べた中で1番辛いんじゃないんですか?」とその味を伝えていました。


世界のカップ麺に触れた視聴者からは、「タイのカップ麺がぜんぶ美味しそうだったわ!」「生キムチ入りラーメンって知らなかった。辛ラーメンは安定の美味しさだよね」「中国物産展にタモリ倶楽部でやってた中国のカップ麺があったので食べてみた。麺がモチモチでめっちゃ美味しい!」「カップ麺に興味なかったタモさんが、美味しいカップ麺を食べてハイテンションになってたのが面白かった」などの声が上がっています。


簡単なのに超美味しい“タモリ流インスタントラーメン”

タモリも思わずハイテンション!? 日本で食べられる“世界のインスタントラーメン” 画像(3/2) 【写真】袋麺をタモリさんがアレンジすると…?

以前放送された「笑っていいとも! 増刊号」(フジテレビ系)では、タモリさんが絶品インスタントラーメンの作り方を紹介していました。


用意するのは即席の袋麺、昆布だし、鰹だし、鶏ガラスープの素、中華スープの素、醤油、ネギ油、ネギ、メンマ、チャーシューです。

作り方は、まず丼へ輪切りのネギとネギ油、醤油を投入して“タレ”を作ります。

そのあと、お湯に昆布だし、鰹だし、鶏ガラスープの素、中華スープの素を入れて“スープ”に。

別の鍋で麺を茹でて、タレの入った丼へ入れましょう。

最後にスープをそそいで、チャーシューとメンマを乗せたら“タモリ流インスタントラーメン”の完成です。


実際に作ってみた人たちからは、「タモリ流インスタントラーメン激ウマ!」「インスタントとは思えない上品な味でめちゃくちゃ美味しい!」「家で作ったとは思えない…。夜食とかお酒のシメにピッタリだね」といった声が上がっていました。


ちょっと変わった世界のカップ麺や“タモリ流インスタントラーメン”で、お腹を満たしてみてはいかがでしょうか?