まだまだ先と思っているかもしれないけど、今から考えておいたほうがいいのが定年後のこと。「のんびりクルーズ」なんて夢を描いていても、年金だけで贅沢は難しいのも事実です。だから、働き方のひとつである「アルバイト」で、定年後の人生ににメリハリを、生活にゆとりを手に入れませんか。急増中のシニア世代のアルバイターで、勝ち組になるためのノウハウを、漫画で楽しく身につけましょう。もしご両親が定年後に生きがいを失っていらっしゃったら、ぜひ教えげあげてください!


※この記事は『定年一年生の教科書 定年後も働く!勝ち組アルバイト』(KADOKAWA)からの抜粋です。


気配り力、気づかいスキルに熱視線集中! 働くシニア女性、増えています 定年後バイト(11)【連載】 画像(2/5)
気配り力、気づかいスキルに熱視線集中! 働くシニア女性、増えています 定年後バイト(11)【連載】 画像(5/5)
気配り力、気づかいスキルに熱視線集中! 働くシニア女性、増えています 定年後バイト(11)【連載】 画像(9/5)

働く女性、増えてます!定年世代女性のはじめてのお仕事

〈表9〉で平成26年の定年世代の女性の就業率を見ると、60~64歳で50.7%、65~69歳女性も40%近くが仕事に就いており、平成21年に比べてかなり上昇しているのがわかります。定年世代の女性がはじめて仕事に就くのなら、まずアルバイト・パートの雇用形態が始めやすいでしょう。


職種としては清掃や調理・保育アシスタントなど未経験OKで、これまでの人生でつちかった経験を生かせるものがおすすめです。調理アシスタントは企業の社員食堂や学校、病院や介護施設、スーパーなど職場が多彩、保育アシスタントは業界の人手不足で求人も増加しています。いずれも短時間勤務が可能です。また、求人数が多いとは言えないものの、きめ細かい仕事ぶりで、マンション管理人や警備員でも女性が求められつつあるようです。

気配り力、気づかいスキルに熱視線集中! 働くシニア女性、増えています 定年後バイト(11)【連載】 画像(14/5)

著=55+ライフデザイン室