夫との関係、義実家との付き合い、仕事やキャリア、ママ友などの人間関係……。毎日がんばって生きていると、悩みは尽きませんよね。そんなお悩みに、専門家がアドバイス。

今回は階下の方の苦情に苦しんでいる「さとみ」さんのお悩みです。

騒音トラブル! いくら対策をしても苦情を言い続けられ、疲れました【お悩み相談】 画像(1/1)  

◆相談者プロフィール

さとみ(40歳女性)

夫と子ども2人の4人家族です。パート先を探している専業主婦です。


お悩み相談

10階建てのマンションに住んでいます。わが家は8階で、真下の7階の住人・Aさんについて悩んでいます。

引越しの挨拶に伺ったときから「子どもは? 前の住人に子どもがいて騒がしく、本当に迷惑でした」と言われました。私も主人も子どもが欲しかったので「今はいませんが、つくる予定です」と答えました。その後、私は妊娠出産。Aさんとも何事もなく過ごしていましたが、子どもが1歳半になった頃状況は一変しました。


その日は子どもが夕方から発熱し、小児科を受診。混んでいたため、帰宅し食事、さあ寝かしつけとなったのが夜の9時半頃。少し元気になった子供ども廊下を2往復走ってしまいました。すると、玄関のチャイムが鳴り、あけるとAさんが「足音がうるさい!」とすごい剣幕で立っていたのです。声が聞こえたのか子どもは怯えて泣き出し、状況を話し謝罪しても「私には関係ない!」と怒るばかり。ひたすら謝罪し、やっと帰ってくれました。


その日を境に、少しでも子どもが走ったり、来客があるとチャイムを鳴らし、インターホン越しに「うるさいんですけど‼」と、そのつど直接言われるようになりました。

部屋には防音マットを敷き、子どもには口うるさく注意し、来客にも事情を説明し行動に注意してもらっているのにです。これでも足りないのかと、子どもを外遊びで発散させ、家では絶対に走らないと約束をして帰る、週末は子どもと出かけなるべく家を空ける、防音マットの下にエアクッションを4重に敷き詰めるなど、更に響かない工夫もしました。


外でAさんに会ったときは私から声をかけますが、無視。Aさんを意識して生活している日々に、ストレスが溜まっています。子どもも家の中でいちいち「やっていいの? 怒られない?」と尋ねてくるようになってしまいました。自宅なのにまったく気が休まりません。

購入したマンションを手放すのも嫌で悩んでいます。どうすればいいでしょうか?



指摘には素直に謝罪し、管理人さんと情報共有を

Aさんは子どもの足音に神経質になっていて、少しの音でもすぐに指摘しなければ!と反応するようになってしまっているのですね。

十分に日頃注意し、対策もされているようですから、注意されたらお詫びはするものの、それ以外のときにはAさんに気を遣い過ぎずに過ごすようにしましょう。

また、Aさんからの苦情にストレスを感じている旨を管理人さんに話してみましょう。中に入って話をしてくれたり、建物の構造を踏まえた騒音対策を示唆してくれたりするかもしれません。あなたがどのように騒音対策をしてきたのか、Aさんはどのように対応したら納得できるのか、ということを具体的に共有し、どちらも気持ちよく過ごせるようになるといいですね。


◆回答者プロフィール

CANDACE(キャンディス)

1977年生まれ。アートセラピスト。幼稚園・小学校教諭、心理系資格有。