子育てに悩むすべてのママへー家事出来なくても死なない!


無理をしない、肩の力を抜いた家事や育児の情報を発信し、ママたちの支持を集めるインスタグラマー・ボンベイさん初の著書『家事なんて適当でいい!』。

本書は、ボンベイさんが自身の経験で培った“育児をうまくまわすための割り切り方”を教えてくれます。育児がつらいと感じているママへ向けた、「上手に手を抜く家事の方法・考え方」をご紹介。今回は連載第3回です。


フェラーリよりルンバを買え 「家事なんて適当でいい!」(3)【連載】 画像(3/3) 4刷り!大反響の「家事なんて適当でいい!」

子育て中でも、自分の時間は確保したい。

節約した時間で、リフレッシュしたい。

だから、子育て世代こそ

フェラーリよりルンバを買え


「モノより時間にお金を使った方が幸福を感じる」を実践しています

タイトルの意味は、『フェラーリ』(高級品)より『ルンバ』(時間)を買った方が価値がある、という意味で、何かの動画でメンタリストのDaiGo さんが話していた言葉です。

実際、子育て真っ最中のお母さんが時間を確保するのはむずかしい。で、どうするか。

私の体験から、これはぜひ試してほしい! 時短家電と方法がこちらです。


・掃除はルンバとブラーバにおまかせ

我が家の掃除は『ルンバ』と拭き掃除用の『ブラーバ』にがんばってもらっています。このおかげで、今まで掃除に使っていた1時間をまるまる節約。

使ってみるとわかりますが、特にブラーバは思った以上に音も静か。ぶつかっても、ネコが寄ってきた程度の衝撃なので、子どもの足にまとわりついて危ないのでは? という心配もありません。

ですから我が家では、日中ルンバに歩き回ってもらい、就寝時にブラーバをお散歩させるのが定番コースです。

「床に物が散らばっていてルンバをかけられる状態じゃない」という方もいると思いますが、うちもそうです。そこでオススメなのが「とりあえずボックス」。大きい箱を用意して、散らばっている物をすべて放り込みます。そして箱はテーブルの上へ。

イスも上げてしまいます。物の整理はあとにして、すべての物を一旦テーブルに上げるだけ。

床だけでもキレイになるとスッキリするし、これでルンバも縦横無尽に動けます。


・使える!  洗濯乾燥機

こちらもすでに紹介したとおり、洗濯乾燥機を使えば、1日のうち洗濯機に拘束されていた時間が1時間から5分に短縮。なんたって92%OFFです!

1日2回洗濯機を回すとしたら、110分も節約できることになります。


そして、実はこの洗濯乾燥機にはもう一つ、大きなメリットがあるんです。それは、「無駄な洋服のストックがいらない」

一晩のうちに洗濯を終えることができるので、洋服の予備がいりません。実際、下着、靴下、子どもたちの洋服だけでなく、布団カバー、タオルなども大幅に減らすことができました。ベッドシーツは1枚のみ。予備はありません。

子どもが産まれると急に物が増えてしまってストレスでしたが、洗濯乾燥機のおかげでストックを置く必要がなくなり、収納スペースも空いたので本当に満足しています。

節約した時間で子どもと遊んだり、ゆっくり休んで疲れをとったり、趣味の時間に没頭したり、外に出てリフレッシュしたり。

「洗濯乾燥機を買って損した」という人を聞いたことがないので(ボンベイ調べ)、心からおすすめします。


フェラーリよりルンバを買え 「家事なんて適当でいい!」(3)【連載】 画像(5/3) 【画像】洗濯乾燥機なら1日のうち洗濯機に拘束されていた時間が1時間から5分に短縮!

時間も物も節約してくれる、我が家の大活躍家電、洗濯乾燥機。

フェラーリよりルンバを買え 「家事なんて適当でいい!」(3)【連載】 画像(6/3)  「モノより時間にお金を使った方が幸福を感じる」を実践しています

散らかすのはベビーサークルの中だけなので、『ルンバ』はリビングでらくらく稼働。


著=ボンベイ