梨花さんもInstagramで大絶賛の子育て本「頭のいい子の親がやっている『見守る』子育て」の著者、小川大介先生が、悩める親たちにアドバイス。「うちの子のこんなところが心配」「私の接し方、コレでいいの?」など、子育てに関するありとあらゆる悩みにお答えします。連載第18回目のお悩みはこちら。

ケアレスミスが多過ぎてテストがいつも壊滅的。どうすれば?【小川大介先生の子育てよろず相談室】 画像(1/1)  

【お悩み】

中学受験を考えている小4の娘についてです。テストでのケアレスミスが非常に多いのが悩みの種です。先日の塾のテストでも、点数を稼ぐべき簡単な計算問題が、半分もできていない状態。問題の読み間違いなどで落としている問題もたくさんありました。これが全部できていれば20点くらいは違ったのにと思うと、本当にもったいないと思ってしまいます。いつもケアレスミスでの失点が多いので、「ちゃんと見直しなさい」と言っているのですが、なかなか減りません。ケアレスミスを失くすにはどうすればいいでしょう?(Yかあさん・37歳)


【小川先生の回答】

■集中し過ぎるとパフォーマンスは落ちる


ケアレスミスをよくする子というのは、決してボーっとしているわけではありません。むしろ、がんばり過ぎてしまう子に多くみられます。娘さんもおそらく、過去に間違えてしまったなど、本人なりにうまくいかなかった記憶があるため、自分に対して不信感を持ってしまっているのでしょう。「次こそはちゃんとしなきゃ!」と必要以上に気を張っている状態かと思われます。

でも実は、人というのは全てに気を張ろうとすると、逆に失敗してしまうもの。集中し過ぎると、周りを見る余裕がなくなり、パフォーマンスが落ちてしまうのです。ですから、ケアレスミスをよくする子に対し、「もっとちゃんとしなさい」という指示は厳禁。既に集中しているところに、“もっともっと”と気合を入れると、ミスは増えるばかりです。


■がんばってダメなら手を抜いてみよう


ケアレスミスの多い子は、ものすごいがんばり屋さん。「自分の解けるスピードよりももっと速く解こう」とか、「今の自分ではダメだからもっとがんばらなければ」など、自分ができる以上のことをしようとがんばっています。“もっとやらなきゃ”と思っているから、“終わったから次の問題”というように、結局目の前のことで精一杯になってしまう。だから見直す余裕も無いのです。がんばり過ぎて、そのために余裕を失くしてしまい、結果ケアレスミスが増えるという悪循環に陥っています。ですから、がんばってもうまくいかない時は、ちょっと手を抜いた方がいい。お子さんに「ちゃんとしなさい」とプレッシャーをかけるのではなく、今のお子さんができる問題をできるスピードで解かせましょう。“できる”と思っていることであれば、余裕を持って隅々まで意識を向けることができるため、自然と見直しにも目がいきます。かつ、“今のままのあなたで十分にできるんだ”という体験をさせてあげることで、自分に対する不信感が払拭されるので、自信と余裕を持って取り組めるようになりますよ。


回答者Profile

小川大介

教育専門家。中学受験情報局『かしこい塾の使い方』(https://www.e-juken.jp)主任相談員。

京都大学法学部卒業後、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を創設。教科指導スキルに、子育てコーチング、学習タイプ別の指導術を組み合わせ、短期間の成績向上ノウハウを確立する。個別面談の実施数は6000回を数え、受験学習はもとより、幼児低学年からの能力育成や親子関係の築き方指導に定評がある。各メディアでも活躍。著書多数。