さ、三桁の人と…!? まさかの”規格外不倫”をした女帝の数奇な生涯とは【オンナ今昔物語1】

#趣味 
 


当時の常識でも規格外。有能な女帝の”愛人問題”


週刊誌やワイドショーで、定期的に繰り広げられる有名人の不倫騒動。配偶者とうまくいかずに愛人を持つ――というのは現代人でもありうることですね。

昔のヨーロッパの王族は、公式に認められた愛人を持つことがありました。多くの場合、貴族や王族は政略結婚です。夫婦仲が円満とは限らないので、公式の愛人を持つ習わしは割と受け入れられたのです。

それでも、「女性の君主が三ケタにものぼる愛人を抱えている」となると、当時の常識でも驚きだったようです。18世紀のロシアに君臨した女帝、エカチェリーナ2世のことです。

彼女は世界史の教科書にも登場する有能な君主なのですが、なぜ想像を絶するほどたくさんの愛人を抱えたのでしょうか? エカチェリーナ2世の数奇な生涯を紹介します。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //